« 槍ヶ岳西鎌尾根周回トレラン | Main | 黒部源流域で高地トレ »

August 14, 2013

穂高岳周回トレラン

槍ヶ岳周回トレランの翌日は、思ったほど疲れが残っていなかったので、予定通り、前穂高岳・奥穂高岳周回トレランに行ってきました。以下、報告です。

【山域】前穂高岳・奥穂高岳
【場所】長野県

【日時】2013年8月9日(金)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】 晴れ
【コースタイム】上高地バスターミナル5:20〜岳沢小屋6:51〜前穂高岳分岐8:53〜前穂高岳9:24〜前穂高岳分岐9:56〜奥穂高岳10:59〜穂高岳山荘11:24〜涸沢ヒュッテ12:31〜横尾13:56-14:19〜上高地バスターミナル15:47

明け方に新穂高の鍋平駐車場から平湯のアカンダナ駐車場へ移動。アカンダナ駐車場は車中泊禁止で、夜間はゲートが閉まり、4時まで開かないので、大変不便な駐車場である。ここから始発の上高地行きのバスに乗り、上高地に入山した。

上高地到着が5時20分。上高地発の最終バスが18時なので、それに間に合わせるように行動しなければならない。とりあえず、奥穂高岳到着は正午前にしなければいけない。

まずは河童橋を渡り、岳沢方面へ。

P8090412

早朝の前穂高岳は雲に隠れていた。

P8090413

ほぼすべて歩きで、岳沢小屋までは1時間半で到着。

P8090414

このあたりから、日がジリジリと照り続ける天気となり、汗が吹き出す。鎖が出てきたところで、ストックはたたんでしまう。岩場ではストックは邪魔になる。

P8090415

大学院生時代に、槍ヶ岳から大キレットを越えて、前穂高まで縦走し、岳沢に下ったことがあるが、ほとんどその時のことを覚えていなかった。なにか新鮮な感じであった。

前穂高岳山頂へは吊り尾根分岐からピストンであった。

P8090416

前穂高分岐から奥穂高まではだらだらとした吊り尾根を進む。

P8090417

分岐から1時間ほどで奥穂高岳の山頂に到着。この山頂は3回目のはず。

P8090418

11時に奥穂高の山頂に着けたので、なんとか最終バスには間に合いそうだ。山頂からのジャンダルム。

P8090419

山頂からはずっと下りになるのだが、浮き石が多く、落石が起きやすいところだ。基本的に涸沢までは走ってはいけないだろう。一般登山者でもヘルメット着用が多いのは、なかなかいいことだ。

穂高岳山荘からはザイテングラードを下降。

P8090420_2

涸沢のテントはまだそんなに多くはない。これから来週にかけてさらに増えるにちがいない。

P8090421

涸沢カールを見上げる。まだ滑れそうだが、ここまでスキーを担ぐのはしんどい。5月に来たい。

P8090422

涸沢ヒュッテの生ビールの誘惑に負けそうになるが、安全圏となる横尾まで進んでおくことにする。

横尾には14時に到着。ここからは3時間あれば、ゆっくり歩いても上高地まで戻れる。ラーメンと缶ビールで大休止とする。

P8090424

あとは林道を上高地のバスターミナルまで走るだけ。

P8090426

横尾から1時間半ほどでバスターミナル着。16時発アカンダナ駐車場行きのバスに乗れました。

アカンダナ駐車場に戻り、帰り支度。

P8090427

ひらゆの森で汗を流してから、帰路につきましたが、疲れと眠さでそのまま帰れず、ひるがの高原SAで車中泊となりました。UTMBに向けてのトレーニングに、果たしてなったんだろうか?

|

« 槍ヶ岳西鎌尾根周回トレラン | Main | 黒部源流域で高地トレ »

Comments

 相変わらずですが、ビックリです。
 マメゾウさんの 1/10 で良いですから 行動力と体力が欲しいです!!
 ちなみに背中の荷物は何キロくらいですか?

Posted by: 高です | August 14, 2013 at 08:59 PM

前日に新穂高から槍を往復して、翌日は穂高ですか。。。いや〜、絶好調でないでしょうか。
あとは怪我に気を付けながらの調整でしょうか。
一昨日火打でも、全速力で走っているトレランナー見掛けましたが、「ひょっとして、あの人もUTMB出場?」と思える今日この頃です。

Posted by: CIMA | August 17, 2013 at 07:52 PM

高さん、いつもコメント有り難うございます。
スタート時点で、水2L、雨具、行動食多め、レスキューシート、地図、コンパス、通信機器等で、合計5kg以内ではないかと思います。

Posted by: マメゾウムシ | August 19, 2013 at 04:25 PM

CIMAさん、いつもどうもです。
こんなんでよいのかと多少不安ですが、速さよりも、長く行動し続けられることを第1に考えています。

Posted by: マメゾウムシ | August 19, 2013 at 04:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 槍ヶ岳西鎌尾根周回トレラン | Main | 黒部源流域で高地トレ »