« June 2013 | Main | August 2013 »

July 25, 2013

久しぶりの沢登り:金剛山 高天谷

トレランだけでは飽きるので、久しぶりに金剛山の高天谷に沢登りに行ってきました。
去年は渓流釣りには行ったが、滝を登る沢登りはしていないので、2年ぶりです。
金剛山はトレラン練習では毎週のように行きますが、高天谷は久しぶりで、ここも2年ぶりです。
遡行距離は短いですが、直登できる滝もあり、それなりに楽しめます。
もちろん、ヘルメットや沢靴は必携です。

高天谷だけであれば、奈良側の高天神社からになりますが、それでは体力的に物足りないので、水越峠からいったん山頂を越えて奈良側の高天に下り、それから遡行開始です。

【山域】金剛山 高天谷
【場所】奈良県・大阪府

【日時】2013年7月20日(土)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】 晴れ
【コースタイム】水越峠10:15〜山頂部郵便道分岐11:30〜高天谷入渓地点12:02-17〜二股13:32〜郵便道13:58〜郵便道分岐14:18〜水越峠15:07

まずは水越峠からのダイヤモンドトレイルの林道を進みます。

P7200334

山頂部からは郵便道を下ります。高天方面です。

P7200335

入渓地点はいきなり目の前が高天滝です。

P7200336

高天滝は直登可能ですが、1人ですので念のため巻きます。

P7200338

和泉の沢全般にあてはまりますが、沢は狭く暗いです。

P7200339

次は堰堤ですが、巻くしかありません。

P7200340_2

次の滝も直登は1人ではリスクがあるので、巻きます。

P7200341_2

巻き道は泥壁を登り、沢より高い地点まで登ってから下るので、転落のリスクはあります。

P7200343

倒木で沢が完全に埋まっている箇所もあります。倒木のトンネルをくぐったりして通過します。

P7200344

ここからの滝はほとんど直登できます。

P7200346

若い頃は夏は沢ばっかりでした!

P7200347_2

堰堤が出てきたら二股は近い。ここは脇を簡単に巻けます。

P7200349

石積みの堰堤は流れの脇を登れます。

P7200350

二股です。本流は右股ですが、詰めが楽な左股を進むことにします。

P7200351

まだ滝が続きますが、直登は容易です、ただし落ちたら死にます。

P7200353_2

やがて沢の流れがチョロチョロとなり、杉の植林地となったら、すぐに郵便道にぶつかり、遡行は終了となります。

P7200354

あとは山頂部まで郵便道を登り、ダイヤモンドトレイルにぶつかったら、トレランスタイルで水越峠に戻ります。

P7200355

沢登りとトレランのセットでしたが、沢装備の入ったザックは揺れて快適には走れませんでした。それでも久しぶりの沢登りは変化があってよかった。

| | Comments (2)

July 19, 2013

OSJおんたけウルトラトレイル100km

先週末はUTMBに向けての調整の意味で、OSJおんたけウルトラトレイル100kmに参加してきました。

1001142_399946570110760_1637596675_

スタートの前は土砂降りでしたが、スタート時には止んでくれました。おかげで予定していた関西のメンバーでの記念撮影ができました。

1063711_359803054146144_1180197407_

その後の天気は降ったり止んだりで、日中には日も出るという不安定な天気。それでも、かんかん照りよりは小雨の方がバテなくていい感じです。

結果ですが、15時間33分45秒で無事完走しました。男子では331位で、完走者の真ん中ぐらいの順位でした。ちなみに完走率は80%ほどでした。

今回は成績よりも、100kmを余力を残して走るということを目標にしました。なぜならば、UTMBでは100km走った後に、さらに68kmを走らねばなりません。ただし、関門の制限時間には引っかからないようにある程度のスピードが必要です。それについては達成された感じで、最後のロード8kmはしっかりラストスパートをかけることができ、ゴールまでに10人は追い抜きました。

このレースの1週間からカフェイン断ちをしていたのですが、効果はてきめんで、カフェイン入りのジェルを摂取することで終盤に結構元気が出たのが、ラストスパートにもつながりました。

しかしながら、全てが順調というわけではありませんでした。コースのほとんどが林道で、メリハリのないアップダウンが続く。これには参りました。普段は山岳コースばかりで、こういうコースはほとんど経験がなかったので、なかなかペースを掴むのに前半は苦労しました。

1番の問題は道具のトラブルでした。夜間走行中にヘッドライトの灯りを1回消したら、その後点灯しなくなり、予備のヘッドライトまでも点灯しない。仕方なくハンドライトだけで明るくなるまでの1時間を走りました。
ヘッドライトはどうやら濡れてスイッチの接触が悪くなったようで、帰ってからチェックしたら、ちゃんと点きました。
予備のヘッドライトが点かなかったのは、事前にロック機構をオンにして、ザックの中で誤って点灯しないようにしたつもりだったのが、実は逆にオフにしていたみたいです。

それからシナノのトレランポールがレース中盤に壊れました。ポールをまっすぐにするための紐がどうやら伸びてしまったらしい。そのため、継ぎ目がゆるゆるになり、まっすぐに繋がった状態にできなくなりました。そんなことがあり、気も滅入り、第2関門でのリタイヤも考えたりしました。普段からの道具のチェックもとメンテナンスも重要ですね。

次はいよいよUTMBです。最後の調整をしっかりやっていきます!

| | Comments (4)

« June 2013 | Main | August 2013 »