« UTMBに向けてトレラン練習始動!:葛城山・金剛山周回トレラン | Main | 白馬大雪渓スキー »

May 29, 2013

再び黒部五郎岳へ!

先週末はOutside Ski Clubの精鋭9名と黒部五郎岳へ滑りに行ってきました。
1泊2日の強行軍でしたが、天気に恵まれて、最高の滑りができました。

【山域】黒部五郎岳
【場所】岐阜県・富山県

【日時】2013年5月25日(土)〜26日(日)

【メンバー】Outside Ski Clubメンバー9名、マメゾウムシ

黒部五郎岳は今年のGWオートルートツアーの時も山頂を踏み、去年のGWもウマ沢を滑走し夏にはトレランで通過し、この2年間で4回も山頂を踏んだ山です。いつ来ても本当に素晴らしい場所です。

1日目(5月25日):北ノ俣岳を越える

【天 気】 晴れのち曇り
【コースタイム】飛越トンネル7:45〜神岡新道分岐手前のコル付近(シール登行開始地点)9:23〜神岡新道分岐9:54〜寺地山11:11〜北ノ俣避難小屋付近12:36〜北ノ俣岳15:27〜中俣乗越16:05

6時に道の駅宙ドーム神岡に集合し、飛越トンネルに移動。さすがにこの時期はトンネルまで車で入れます。雪はありませんので、スキーを担いで出発する。

P5250226

しばらく進むと雪は出てきますが、なかなかつながってくれない。泊まり装備にスキーを担ぐと、重荷が肩に食い込む。天気はよいのだが、気温が高く、汗が次々と出てくる。

P5250227

ようやくシール登行を開始できたのは、出発してから1時間半以上経ってからで、神岡新道分岐手前のコルを過ぎたあたりからだった。

P5250228

寺地山が近づくと、目的の黒部五郎岳が見えた。

P5250230

寺地山を通過すると下りになる。

P5250231

尾根は細くなって、シールを付けたままの下降は結構テクニカルであった。

P5250232

北ノ俣避難小屋付近の雪融け水で体を冷やしたら、いよいよ北ノ俣岳への長い登りだ。

P5250234

10人もいれば、結構差がつくものだが、さすがにOutside Ski Clubの精鋭だけあって、そんなにバラバラにならずに、みんなしっかり登ってくる。

P5250237

稜線に出ると薬師岳が目の前に現れた。

P5250238

北ノ俣岳山頂から、明日登る黒部五郎岳を眺める。このあたりからガスが出てきて、視界が悪くなってきた。

P5250239

そういう時に出てくるのがライチョウだ。

P5250241

日本一気持ちよい斜滑降になるはずの中俣乗越までの滑り。しかしながら、スキーがいまいち走らない雪で、視界も悪く、単にトラバースしただけという感じで終わってしまった。

P5250243

中俣乗越にテントを設営。ファイントラックのポットラックですが、これは軽くてよいです。スキーのストックを支柱として使えます。

P5250245

設営後は当然ながら宴会です!

969409_249419778529285_92361334_n

ちょっと飲み過ぎて、駄じゃれを連発してしまったようです。

**************************************
2日目(5月26日):黒部五郎岳ウマ沢滑走

【天 気】 晴れ
【コースタイム】中俣乗越7:27〜黒部五郎岳9:01-47〜ウマ沢2360m付近10:23〜中俣乗越11:04-43〜北ノ俣岳12:41-13:04〜北ノ俣避難小屋13:45-14:14〜寺地山15:07〜神岡新道分岐付近の滑走終了点16:30〜飛越トンネル17:53

翌朝はよい天気でしたが、私は3時くらいに目が覚めてから、寒くてそのまま眠れずでした。モンベルのシュラフ#4にもかかわらず、薄着で寝てしまったのと、飲み過ぎが原因。

P5260246_2

宿泊装備はそのままデポして、黒部五郎岳へ登ります。

P5260248

二日酔い気味で体は重かったが、なんとかみんなと同じペースで登れました。

P5260250

槍ヶ岳方面。いつ来ても写真に納めたくなる。

P5260251

GWに重荷を背負って滑走したカールです。

P5260254

ウマ沢へ向けて滑走開始。

P5260258

一部、デコボコ部分もありましたが、フラットの部分も結構あり、総合的にはgoodでした。

テントを撤収したら、北ノ俣岳へ登り返します。行きに滑ったのと同じところをトラバースして登っていきます。

P5260261

1時間ほどで北ノ俣岳へ登り返せました。

P5260262

最後の大斜面の滑走に入ります。寺地山からは木をかきわけながらの滑走になるので、思いっきり滑れるのは北ノ俣岳の斜面が最後になります。

P5260265

私の滑りです。

Michi2_2 Michi1_2

981392_450511938377579_223694843_o

滑走が終了したら、北ノ俣避難小屋付近からシールを付けて、寺地山に登り返す。寺地山からは多少滑れますが、木をかきわけながらのテクニカルな滑りを強いられた。雪が途切れだしたところからは、スキーを担ぎ、全員無事に飛越トンネルの駐車スペースに戻れました。ただ時間は18時近くになっていた。

神岡の割石温泉で汗を流してから、帰路についたが、自宅に着いたのは1時を回っていた。1泊2日ではちょっと強行軍だった気もする。

|

« UTMBに向けてトレラン練習始動!:葛城山・金剛山周回トレラン | Main | 白馬大雪渓スキー »

Comments

やはり、もう1泊したところですね。しかし、その分荷物が重くなりますから、難しいところです。
関西の人達陽気そうですね。写真から伝わってきます。

Posted by: CIMA | May 29, 2013 at 08:08 PM

CIMAさん、もう2泊ぐらいすると薬師周辺もいろいろと滑れていい感じですね。
4日となってもなんとか滑れるぐらいまでには軽量化できますよ。
関西の人たちは陽気で熱いですよ!

Posted by: マメゾウムシ | May 29, 2013 at 09:45 PM

 高です。
 黒部五郎まで1泊2日とは、相変わらず凄いですね!
 黒部五郎岳は高も好きな山で夏山では3回ほど行っていますが、色々な方のブログを拝見しているとスキーでも行ってみたくなりました。が・・、もうこの体力では無理ですね。
 高は先週後半の松本乗鞍岳で今シーズンのスキー収めにしました。

Posted by: 高です | May 30, 2013 at 12:46 AM

高さん、黒部源流方面を1泊2日は結構疲れました。
ゴールデンウィークならば太郎平小屋が営業しているので、重荷を担がずに黒部五郎岳へスキーで行けると思いますよ。
私の方は今週末が滑り納めになりそうです。

Posted by: マメゾウムシ | May 31, 2013 at 01:43 PM

お疲れ様でした!結構きつかったですが、楽しい山行でしたねー^^♪
夜の駄じゃれ連発ぶりはおもしろかったですよwww 
また夏の沢も行きましょう~~~~!!!

Posted by: saya | June 02, 2013 at 05:41 PM

sayaちゃん、お疲れ様でした。
楽しかったですね。
これからはじゃんじゃん飲まされそうな気が。
沢では骨酒で宴会しましょう!

Posted by: マメゾウムシ | June 03, 2013 at 06:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« UTMBに向けてトレラン練習始動!:葛城山・金剛山周回トレラン | Main | 白馬大雪渓スキー »