« カリカリの天狗原 | Main | 関西テレマーク仲間と妙高ツアー2:三田原山 »

April 01, 2013

関西テレマーク仲間と妙高ツアー1:前山滝沢尾根

先週末は関西のテレマークスキーのクラブ Outside Ski Clubの妙高ツアーに参加し、前山の滝沢尾根と三田原山を滑走してきました。私は、どちらもパウダーの時期ではありますが滑走したことがあるので、今回はサポート役を引き受けました(前山 2011年2012年、三田原山 2010年)。

1日目:妙高前山ツアー

【山域】妙高山 前山滝沢尾根
【場所】新潟県

【日時】2013年3月30日(土)

【メンバー】マメゾウムシ・Outside Ski Clubメンバー 15人
【天 気】 曇りそして山頂部のみ晴れ
【コースタイム】赤倉観光リゾートスキー場トップ9:50〜前山11:10-31〜滝沢尾根滑走〜赤倉観光リゾートスキー場12:47〜スキー場ゴンドラ乗り場12:56

初日はランドマーク妙高高原に8時に集合し、クロカン組とテレマークツアー組に別れて、それぞれの場所へ移動。テレマーク組は赤倉観光リゾートスキー場へ移動し、ゴンドラとリフトを乗り継いで、ゲレンデのトップへ登る。天気は曇りで視界はいまいち。

P3300036

このツアーは前山山頂まで時間制限付きです。なぜならば、午後からクロカンを行う人が半分いて、13時には下山して移動しなければならないからだ。9:50出発で、山頂までのリミットは11:15。それまでに登れない人は、往路を戻ってもらう。標高差450mを1時間25分で登らなければならないのは、バックカントリー初心者にはちょっと厳しいタイム。なんとその宣告は私が行うということで、パーティーの最後尾で登ることに。

登って行くにつれて、視界がよくなっていき、晴れ間も出てきた。しかし、人数が多いと体力や技術もばらつきがでるもの。残念ながら、2名は時間までに到着できないだろうということで下山してもらいました。

山頂は雲海の上で、なかなかの眺めでした。

P3300037

妙高の本峰も堂々とした姿を現していた。

P3300038

メンバーの1人が山頂でデジタルカメラを拾いました。カメラには画像が5000ほど残っていました。下山後に赤倉観光リゾートスキー場に届けておきました。

さて、休憩したら、滝沢尾根滑走です。なかなか滑りやすいザラメ雪でした。

P3300040

樹林帯に入り高度を下げていくと、雲の中に入ることになり、ちょっと視界が悪くなる。雪もクラスト気味となり、少々テクニカルな滑りが要求される。

P3300041

それでも雪としては滑りやすい方で、ゆっくりでも1時間ちょっとでゲレンデに出た。ゴンドラ乗り場到着は13時前で、途中で下山した2名とも無事合流することができた。

当初は、トレーニングとして1人で滝沢尾根をもう1周してきてもよいかなと思っていたが、下りてきてからの小雪が舞う天気にそういう気もなくなり、午後はのんびりとゲレンデで過ごすことに。他の人たちも早々と切り上げたので、妙高の森で温泉に入ってから、今夜の宿サンデープランニングへ。

サンデープランニングは野尻湖畔にあるアウトドアスクールでもあり,夏はカヌー・カヤックのスクール、冬は歩くスキーのツアーを行っている。Outsideの雪田瑠馬さんとサンデープランニングのご主人とは古いテレマーク仲間だそうだ。私が野尻湖でよくお世話になるカヌースクールのウクディパドリングスクールも、サンデープランニングの元スタッフが独立して始めたものだそうだ。

夕食の後に飲み会もあったが、みんな疲れていたのか早々と退散したようだ。

2日目:三田原山ツアーに続く

|

« カリカリの天狗原 | Main | 関西テレマーク仲間と妙高ツアー2:三田原山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリカリの天狗原 | Main | 関西テレマーク仲間と妙高ツアー2:三田原山 »