« 第8回山岳スキー競技日本選手権大会に出場 | Main | 妙高周遊スキー »

April 08, 2013

ATスキーで白馬乗鞍岳往復

山岳スキー競技大会の練習で、DYNAFITのテストセンターで借りたATスキーで白馬乗鞍岳を往復してきましたので、記録をアップしておきます。

【山域】白馬乗鞍岳
【場所】長野県

【日時】2013年4月5日(金)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】 晴れ
【コースタイム】栂池高原スキー場栂の森ゲレンデ林道入口10:16〜成城小屋10:47〜天狗原11:34〜白馬乗鞍岳12:09-21〜天狗原12:34-41〜成城小屋12:50〜林道入口12:59

ロープウェイは動いていますが、トレーニングですので、栂の森ゲレンデからスタートします。

早稲田小屋の前で、ヒヨドリ峰方面から明らかに山岳スキー大会関係者と思われる人が滑り降りてきた。なんとフジケンさんでした。てれまくり以来の挨拶を交わす。

栂の森から林道を登る人は皆無で、みんなロープウェイの自然駅から登り始めている。そういう人たちを次々と追い抜かし、天狗原を経て山頂到着。

Dcf00272

TLTビンディングはえらい直登が楽。いつものテレマークならば、もう少しジグを切っていたはず。2時間はかからなかったが、まだまだ調子はいまいち。スキーを履いたままシールを剥がして滑走へ。

Dcf00275

ところが借りたDynafitのTLTブーツ(TLT 5 Mountain TF-X)の横幅が狭すぎて、土踏まずのところが当たって痛い。登りはなんとかなったが、滑りは苦痛だった。なんとかゴンドラ駅まで滑りおりて、そのままゴンドラで下りてしまった。

ATスキーでは踵が固定されるので、アルペンターンで滑ることになります。テレマークを知ってしまった以上、やはりテレマークターンをしないと面白くないんです。ヒールフリーなテレマークは最高に面白いんですよ。

下山してからテストセンターで1サイズ大きいブーツに交換してもらったが、どうもまだ当たる感じが。とりあえず本番ではこれでなんとかなりました。T2ecoは26.5なのに、27.5とは。メーカーによってだいぶ足形が違うものですね。

夕方の白馬三山。翌日から爆弾低気圧の接近で、山も見えなくなるでしょう。

Img_0045

その晩は車中泊。レース直前なので、ノンアルコールで宴会。一応、カーボローディングを意識しました。

Img_0044

|

« 第8回山岳スキー競技日本選手権大会に出場 | Main | 妙高周遊スキー »

Comments

 競技会 ・・・ その他、相変わらず行動的ですね。
 同じ頃 高は 松本の 乗鞍岳に行っていました。地域はちょっと違っても 同じ日に 「乗鞍岳」 と言う山名の山とは何となく縁が有る様ですね。 週末は荒れて来るとの予報で土曜は朝一番から下山しました。
 少し前ですが 鏑木氏がウルトラトレイル・ド・モンブランやその他のトレイルランについて語っている新聞記事を読みましたが、「壮絶」 と言う感じを受けました。
 それに挑戦しようと言う マメゾウさんの凄さを改めて認識させられました。
 来週初めは 栂池に行き、乗鞍岳に登ろうと思っています。
 それでは、また ・・・

Posted by: 高です | April 20, 2013 at 09:13 PM

高さん、栂池で会えず残念です。
GW前半はスキーで立山から槍まで縦走してこようと思います。
今のところ、26日〜29日は比較天気が安定していそうなので、この日程で行ってきます。

UTMBは完走だけが目的なので、鏑木さんとはだいぶレベルが違いますよ。
壮絶さよりも楽しむ方を選びます。

Posted by: マメゾウムシ | April 22, 2013 at 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第8回山岳スキー競技日本選手権大会に出場 | Main | 妙高周遊スキー »