« 三方岩岳 | Main | UTMBの抽選に通っちゃった! »

January 15, 2013

銀杏峰(げなんぽ)志目木谷滑走

翌日は福井県大野市にある銀杏峰(げなんぽ)に、前日に一緒だったナベさんとハマさんに加えて、masumiさんとノルさんも合流し、計5名で登り、志目木谷を滑走してきました。

【山域】銀杏峰
【場所】福井県

【日時】2013年1月13日(日)

【メンバー】なべさん、はまさん、masumiさん、ノルさん、マメゾウムシ
【天 気】 晴れ
【コースタイム】宝慶寺7:15〜前山9:26-45〜銀杏峰10:44〜志目木谷ドロップ地点(1400m)11:07-34〜林道12:54〜宝慶寺より1km手前の車道13:23〜宝慶寺13:41

夜はかなり雨が降りました。集合時間の5時半時点でも小雨でした。とりあえず道の駅瀬女から大野の宝慶寺へ移動します。

車は宝慶寺の手前の車道に路駐します。林道をショートカットして進むと、すぐにキャンプ場?に出ました。天気も回復してきています。

P1130469_2

先行者のトレースがばっちり付いています。有り難く使わせていただく。今日はラッセルはなさそうだ。ただし、雪は予想通りかなり水分を含んでいました。

杉林を抜けると広葉樹林になります。

P1130471_2

途中には仁王の松がありました。

P1130472_2

気温は高く、暑いのでアウターを脱いで登る。前日の三方岩岳では、風邪気味のため咳き込むし、すぐに息が上がるわで実に体調が悪かったが、今日はかなり体が楽だ。咳もあまり出なくなった。

P1000576_2

前山に着くと天望が開ける。

P1130474_2 P1000599_2

前山から先は樹氷のブナ林を登る。

P1130476_2

樹林帯を抜けるとゆるやかな山頂が姿を現す。

P1130479_2

山頂は広くて360度の天望。

P1000623_2 P1000619

ただし、風が強いので、シールを付けたまま風のない所まで下って休憩としました。ナベさんの誕生日祝いにmasumiさんが持ち上げたビール1缶で、みんなで乾杯。

さて、滑走ですが、志目木谷を滑ります。少々重めのパウダーですが、思ったよりはよい雪でした。

P1130483

雪崩の危険性もなさそうです。遠慮無く行きましょう!

20130114_040 P1130484

下って行くにつれて、谷は狭くなり、藪もうるさくなる。案の定、下部では谷は割れていました。1カ所はやむを得なく、スキーを脱いで徒渉しました。

20130114_043

あとは藪漕ぎスキーです。もがき苦しみながら高度を下げ、なんとか林道に出ました。

P1130490

ある意味、山屋らしい総合力のいるスキー滑走になって、楽しいと言えば楽しかったのだが、やはりどMか? 快適な滑りを求めるならば、もう少し積雪量が欲しいところです。

途中、クマ棚がありました。

P1130491

車道に出たら、あとはスキーを担いで駐車地点まで1kmほどの歩き。帰りは私だけ方向が違うので、下山地点でみんなと別れました。当初の予定では翌日に単独で小荒島岳でしたが、天気が悪化するという予報だったので、私も帰路につくことにしました。

翌日は荒島岳で遭難事故が発生し、1名が亡くなるというニュース。私も同じ山域に単独で入る予定でしたので、何とも言えないニュースです。故人のご冥福をお祈り致します。

|

« 三方岩岳 | Main | UTMBの抽選に通っちゃった! »

Comments

 高です。
 着々とパウダーこなされていて羨ましいです。

 荒島岳の件、複雑な気持ちでしょうね。
 昨年 GWの 小蓮華山の遭難事故の時は自分も 乗鞍岳までトレースを使わせていただいたかも知れない?と思い、複雑でした。

 高は明日夜からスキーに出掛ける予定でしたが、関東地方の雪で妻が滑って転ん怪我をしてしまい、その関係で自分も 1ヶ月ほど謹慎処分?!になってしまい、当分お預けになってしまいました。

Posted by: 高です | January 15, 2013 at 09:18 PM

銀杏峯は、2度行きましたが、2度とも山頂では寒い思いをしました。
谷の上のほうは面白いですね。すぐに斜度が緩くなるのが、ちょっと残念ですが。
3日目は、中止にして大正解でしたね。

Posted by: CIMA | January 15, 2013 at 09:29 PM

マメゾウムシさん、こんばんは。12日、私はあれこれ考えた末、越前甲に登って滑ってました。前週の西濃の土蔵岳での元気な藪や雪の寡い堰堤越えで「どM」になってましたが、越前甲は雪はまだ少なめでしたが正解でした。三方岩岳は家族でトヨタ自然学校にスノーシュー遊びに行った時に、一度は登ってみたいと思っていましたが、鍵をフロントに預けて駐車できるのですね。荒島岳の件は今知りましたが、今シーズン、機会があれば候補にしてましたのでショックでした。遭難連絡が届いた時のご家族の心境を思うと・・切ないですね。では、また・・・。(2月の熊野、3月の篠山とフルマラソンにエントリーしてるので、山とのバランス取りが難しいところです)

Posted by: 湖南オヤジ | January 16, 2013 at 01:31 AM

高さんへ

いつもコメント有り難うございます。

小蓮華の遭難事故の時は私も白馬乗鞍岳までは行っていました。
山頂に11時について後続が登ってくるのを30分ほど待っていたのですが、どんどん雲が広がり出したので、慌てて下山しました。
成城小屋では雨も降り出しました。
その時に、遭難者はどこまで行っていたかが気になるところです。

今回予定していた小荒島岳に行っていたならば、ひょっとしたら遭難した2人にも会っていたかもしれません。
どちらの件も複雑な思いです。

奥さんがお怪我をされたとのこと、お気の毒なことです。
早くよくなるとよいですね。

Posted by: マメゾウムシ | January 16, 2013 at 01:22 PM

CIMAさんへ

銀杏峯の山頂は吹きっさらしですから、確かに寒いですね。
天気をしっかり読むことは重要ですね。
山ではけっして無理をせず、安全に帰ることを心がけたいと思います。

Posted by: マメゾウムシ | January 16, 2013 at 01:25 PM

湖南オヤジさんへ

越前甲もいいところですよね。去年の1月29日に行っています。
ただ、その時は、山頂東側の斜面はウインドスラブとなっていて、足下からシューティングクラックが入り、冷や汗をかきました。
滑走した北側の谷は快適パウダーでよかったので、斜面の方角によって雪質は随分変わるものなんだと思いました。
山は安全が第1ですね。

私の次の大会は4月の山岳スキーレースになります。
まずは風邪と年末年始でだらけた体を元に戻すことからです。

Posted by: マメゾウムシ | January 16, 2013 at 01:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三方岩岳 | Main | UTMBの抽選に通っちゃった! »