« November 2012 | Main | January 2013 »

December 26, 2012

クリスマス連休は栂池でテレマーク!

クリスマス連休は栂池に行ってきました。同行したのはトレランで知り合った梅ちゃん。テレマークスキーでのバックカントリーをやりたいという梅ちゃんの願いを叶えるべき、そのサポートをしてきました。

連休1日目は、栂池高原スキー場で基礎練習です。

前の週にモンベルの初心者講習を六甲人工スキー場で受けてきた梅ちゃんではあるが、なかなかアルペン癖が抜けないため、テレマークターンはまだ難しい。

Pc220364

それでも練習しているうちに感じはつかめてきた模様。悪くないテレマーク姿勢です。

Pc220363

翌日は、バックカントリーデビューです。栂池自然園の奥の標高2000mちょっとまで往復してきました。

さて、初めてのシール登行です。

Pc230366

こ出発時は天気もよく、バックカントリーに入る人も多かった。ただ、雪は最悪のモナカ状態でした。

Pc230367

途中、林道をショートカットしながら、栂池自然園の入口まで1時間ほどで来ました。

Pc230368

天気予報通り、すっかり空は雲に覆われました。せっかくですので、もう少し進んでみます。

Pc230369 Pc230371

梅ちゃんのビンディングにはクライミングサポートが取り付けられていなかったので、細かく切りながら登ることにしました。さすがはトレランで鍛えているだけあって、梅ちゃんはしっかり登ってきます。

Pc230372

標高2015m付近までとした。念のため、ピットを掘って積雪の安定性をチェック。

182347_559445534069713_1947520319_n 梅ちゃん撮影

場所は東側斜面で、積雪深は250cm。コンプレッションテストでは、雪表面より15cmでCTE1でSC、40cmでCTE4でSC。クラストの層を2つ確認し、破綻したのはやはりクラストの上下だった。雪の柔らかさにも逆転があった。

結論はFairという判断で、風や日の影響を受ける急斜面では注意が必要だ。

これから滑る斜面は緩斜面なので、まあ心配はないだろう。ただ雪は極悪のモナカ雪だ。バックカントリーデビューでこの雪はちょっと酷だ。スキーからシールは外すが、テレマークターンは封印してして、アルペンスタイルで滑ることにする。滑ると言っても、斜滑降とキックターンを繰り返すというスタイルだ。

自然園の中に入れば、もう後は平らだ。この頃から天気予報通り、かなりの降雪量となった。風が強くないのはよい。視界もまだある。

Pc230378

栂池ヒュッテからは、林道をジェットコースターのように滑り、スキー場に戻った。

連休最終日は、宿泊したペンションかむるーぷすのご主人と共に、玄関からスキーを履いていける浅間山へプチバックカントリー。

前日から雪が降り続いたため、かなりの新雪量だ。膝ぐらいまで沈む。

私は細革で出動。梅ちゃんはなんとBCクロカンデビューだ。初のステップソール板で登る梅ちゃん。

Pc240381

適当に樹間が開いたところを見つけたら滑降だ。

Pc240382 Pc240383 Pc240386

ステップソールの板はシールを付けなくても登れるので、登行と滑走を繰り返し、新雪滑りを楽しむ。好きなところを登って、好きなところを滑る。ステップソールのよいところだ。

雪は重いが、前日のモナカ雪と比べれば、まともに滑れる雪だ。梅ちゃん、転倒にもめげず、雪と戯れる。

帰りは自分たちが登ってきたトレースを使えば、スキーが滑って楽ちんだ。

Pc240388

ペンションの近くの栗の木にはクマ棚があった。こんなに民家に近いところに出てくるとは。

Pc240389

幹にはしっかりクマの爪痕が残っていた。

Pc240390

こんな感じでヒールフリーなスキーを楽しんでいきましょう!

| | Comments (0)

December 19, 2012

伊勢の森トレイルランニングレース

先週末は伊勢の森トレイルランニングレースに参加してきました。
今年最後のトレランの大会ですので、記録よりも楽しむことを優先してきました。
そのため、前日は飲み食いしました。

20kmという距離はこれまで参加した大会と比べて、かなり短いのですが、思った以上にタフなコースでした。
15kmを過ぎたあたりから両足のふくらはぎがつり出すという始末。
やはりこの1ヶ月ほどトレイルを走っていなかったのがいけなかった。
結果は、2時間44分51秒と3時間は切っていますが、順位的には平均以下でした。

まあ、まだ行ったことのなかった伊勢を楽しめたのだからよしとしましょう。
これから5月連休までは、雪の上が中心になります。

Pc160351 Pc160357

| | Comments (4)

« November 2012 | Main | January 2013 »