« まだまだ滑れる木曽御嶽山 | Main | 立山で新雪にシュプールを描く! »

May 30, 2012

視界不良の乗鞍岳

【山域】乗鞍岳
【場所】長野県

【日時】2012年5月25日(金)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】 雨、上部は雪
【コースタイム】位ヶ原山荘9:00〜大雪渓下9:39〜朝日岳10:27-39〜位ヶ原山荘11:03

乗鞍高原には夕方に到着。湯けむり館で御嶽の汗を流し、南信州地ビールで喉を潤す。至極の一杯であった。

Beer

今晩は観光センター前の駐車場で車中泊。位ヶ原山荘行きのバスもここに停車する。

P5240293

この時は乗鞍岳も見えていた。

P5240292

その晩は、修学旅行生たちのキャンプファイヤーがなんと駐車場で行われた。うるさかったが、お酒を飲みながら若いエネルギーを吸収させてもらった。その時は高校生だと思っていたが、翌朝のラジオ体操に集合した彼らの顔や体格を見て、実際には中学生であることがわかった。

翌朝は8時5分に観光センター前を出発するバスに乗り込んだ。平日だけあって、乗客は少ない。スキーヤーは私以外は6人ほどであった。位ヶ原山荘が近づいたところで雨が降り出した。

とりあえず雨具を着て、行けるところまで行ってみることにする。

P5250294

最初の急斜面を登り切ると、位ヶ原である。大雪渓方面は見えていたが、山頂部分はガスの中であった。

P5250295

大雪渓下で、除雪されたエコーラインをペタペタとスキーを履いたまま横断した。剣ヶ峰方面への登りに入る。このあたりから雪になった。しばらく登ったところで後を振り返る。エコーラインの除雪はだいぶ進んでいるようだ。

P5250296

ガスの中に入り、視界が悪くなった。風はそんなに強くない。雪もカチカチというほどではなく、新雪も積もっていたので、クトーを装着しなくても登れる。

キックターンを繰り返して、山頂に到着。

P5250297

剣ヶ峰とはなんとなく違う気がしたが、この天気ではここまでだ。後で確認したところ、この山頂は剣ヶ峰手前の朝日岳であった。

滑走に入るのだが、視界は不良。GPSの自分の軌跡を頼りに滑走する。

P5250298_2

新雪が積もっているので、シュプールが描けます。

P5250299

視界が出てきたところから、位ヶ原へ向かってダイナミックに滑ります。

P5250300

大雪渓の下で、エコーラインをスキーを履いたまま横断。道路上には新雪が積もり始めていたので、問題なしでした。

P5250301

途中にライチョウのペアがいました。前日の木曽御嶽は天気が良すぎたためか、ライチョウを見ませんでしたが、こういう天気の時にはよく姿を現します。

Raicho

あとは位ヶ原山荘まで一滑りでした。

P5250305

往復2時間ほどのスキー山行でした。天気がよければ、最終のバスの時間まで、あちこち登り返して滑りたいところでしたが、この天気ではやむを得ません。帰りのバスの時間まで1時間半もあったので、位ヶ原山荘で時間を潰すことに。

位ヶ原山荘には、すでに3人のスキーヤーが戻っていた。一緒にビールを飲みながら、時間を潰す。

この3人は大変素敵な方々であった。2名は松本在住の女性、1名は東京在住の男性であった。3人とも私の親と同じ年齢かそれ以上であったが、話しをする中で、山とスキーへの情熱、そして人生を楽しもうという姿勢には大変感銘を受けた。また、どこかでお会いしたいと思った。

下山後は、前日に引き続き、湯けむり館で汗を流し、富山の立山駅へ移動した。

|

« まだまだ滑れる木曽御嶽山 | Main | 立山で新雪にシュプールを描く! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 視界不良の乗鞍岳:

« まだまだ滑れる木曽御嶽山 | Main | 立山で新雪にシュプールを描く! »