« 薬師岳中央カール滑走(黒部源流スキー3日目) | Main | 船越の頭から金山沢滑走 »

May 07, 2012

連休後半はお手軽コースで! 白馬乗鞍岳往復

GW後半は天気がいまいちということなので、ゲレンデやロープウェイが使えるお手軽な栂池周辺のコースを滑ってきました。以下、その記録です。

*************************
雨でゲレンデスキー(連休後半はお手軽コースで!1日目)

5月2日の晩に大阪を出て、3日の朝に白馬に到着したが、雨であった。道の駅白馬で山岳会のメンバー2名と合流し、ガストで今回の山行計画について打合せを行った。

明日の5月4日は、午前中は天気が持つようなので、天狗原まで登る、明後日は天気が回復するようなので、金山沢滑走と、とりあえず予定が決まった。今日は出鼻をくじかれたので、栂池高原スキー場のゲレンデで滑ることにした。

10時には雨が上がり、お昼には晴れ間も出てきた。しかし、ゲレンデはすぐに飽きてしまう。

途中でテレマーカー親子のK上さんに会う。テレマークスキーを始めてまだ3年ぐらいだと思うが、2人とも驚くほど上達していた。特にスピードが速い。息子さんは、将来は日本代表のテレマークレーサーとしてワールドカップに出場できるかもしれないほどだ。

夕方には、山岳会メンバーと別れて、栂池のスペシャルメンバーが主催するBBQに参加した。いつもながらにちょっと飲み過ぎてしまった。

************************
白馬乗鞍岳往復(連休後半はお手軽コースで!2日目)

【山域】白馬乗鞍岳
【場所】長野県

【日時】2012年5月4日(金)

【メンバー】Kさん、Sさん、マメゾウムシ
【天 気】 晴れのち曇り
【コースタイム】栂池自然園駅8:58〜天狗原10:01-12〜白馬乗鞍岳11:06-29〜天狗原11:49〜成城小屋12:13〜栂池高原スキー場ゴンドラ栂の森駅12:34

朝の栂池高原スキー場の駐車場で、山岳会メンバー2名と合流したが、上部はガスっていた。とりあえず、栂池自然園まで上がってみることにする。

8時始発のゴンドラに乗車し、ロープウェイを乗り継いで、栂池自然園駅に到着。この時にはすっかり晴れ間も出て、好天となっていた。暑いので、日焼け止めを塗って、薄着で出発する。

P5040149

天狗原まではいつものルートである。多くのスキーヤー・ボーダーおよび一般登山者が登って行く。なかにはえらい軽装な人たちもいる。大丈夫だろうかと危惧を感じるが、その不安は翌日に現実のものとなった。

Sさんはフリートレックであるが、まだ慣れていないようだ。

P5040150

1時間ほどで、天狗原の祠に到着。一服入れる。

P5040152

白馬乗鞍岳を背景に1枚。

P5040091

天気はまだ持ちそうなので、白馬乗鞍岳の山頂を目指す。念のためクトーを装着したが、山頂まで雪は緩んでいた。

P5040092

ゆっくり登っても、祠から山頂までは1時間かからなかった。山頂部分の雪はだいぶ溶けたようで、4月に行った蓮華温泉・白馬乗鞍岳ツアーのときと比べると、ハイマツに覆われているところがだいぶ多くなっていた。明日行く予定の船越の頭方面を眺める。

P5040154

後続の2名がなかなか登ってこない。何かトラブルが起きたものと思い、滑走に入ることにする。ちょっと滑ったところで、2人が上がってきた。Kさんのクトー装着にトラブルがあったようだ。

P5040093

これまで晴れていた天候であったが、ガスが出てきた。

P5040157

天気予報通り、午後は天気が悪くなりそうだ。遅れて登ってきた2名も、その場でシールを外して滑走に入ることにした。

下からは次々に人が登ってくるので、スキーヤーズレフト側の広大な斜面を滑ることにする。前回も滑ったところだ。ちょっと斜度があるのが、Sさんにとっては不安なところであったが、雪は緩んでいるので大丈夫だろう。まずは私がドロップ。前回は上部はシェカブラ、下部は黄砂とストップ雪と快適でなかったが、今日は快適ザラメであった。

P5040158

Sさんは高さに怯えて、一歩が踏み出せないようであった。Kさんのサポートで、滑り出したら、ゆっくりではあるが、転ばずに下りてきた。

天狗原からは親沢の源頭を滑って、ヒヨドリ峰に登り返すつもりであったが、ガスで方向を間違えて、成城小屋方面へドロップしてしまった。すぐに気づいたが、視界も悪く、雨も降り出したので、そのまま下りることにした。その後の天候の悪化を考えると、それは正解だったようだ。

成城小屋まで戻れば、ゆっくり滑っても、スキー場まではすぐであった。

その晩は、八方第5駐車場でテーブルと椅子を出して、宴会となった。途中で風が強くなり、雨も降り出したので、2台に分乗して、3人で車中泊となった。稜線では吹雪であろう。その晩に、まさか小蓮華から白馬の稜線で遭難事故があったとは、翌朝まで知るよしもなかった。

|

« 薬師岳中央カール滑走(黒部源流スキー3日目) | Main | 船越の頭から金山沢滑走 »

Comments

こんにちは。
あの事故の同時期、同エリアにいらしてたのですね。

天候の急変は恐ろしいですね。

今シーズン、降雪は多かったと思いますが、
後半の降雨も多く、雪は急に消えていく印象ですね。

Posted by: 世話人 | May 11, 2012 at 01:22 PM

世話人さん、コメント有り難うございます。
天候の急変には気をつけなければなりませんね。
そのためには常に初心に戻らねば。
まだスキーシーズンは終わらせたくはないのですが、確かに最近の雪解けは急ピッチのようです。

Posted by: マメゾウムシ | May 14, 2012 at 01:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/54655066

Listed below are links to weblogs that reference 連休後半はお手軽コースで! 白馬乗鞍岳往復:

« 薬師岳中央カール滑走(黒部源流スキー3日目) | Main | 船越の頭から金山沢滑走 »