« 黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目) | Main | 連休後半はお手軽コースで! 白馬乗鞍岳往復 »

May 02, 2012

薬師岳中央カール滑走(黒部源流スキー3日目)

3日目(4月29日):薬師岳中央カール滑走

【天 気】 晴れ
【コースタイム】太郎平小屋7:30〜薬師岳9:32-51〜中央カール滑走〜カールの底9:53-10:00〜薬師岳10:29〜薬師峠10:57〜太郎平小屋11:24〜北ノ俣岳12:52-13:02〜北ノ俣避難小屋13:11〜寺地山13:56〜飛越トンネル15:20〜駐車地点16:23

いよいよ最終日だ。今日は薬師岳の中央カールを滑ってから、和佐府まで戻るので、結構ハードだ。これもスキーの機動力があってのことだ。だが、私よりもっとハードだったのが、Kさんだった。黒部五郎岳のウマ沢を滑って、赤木平へ登り返し、それから北ノ俣岳へ戻って、さらに和佐府まで戻るとのこと。そのため6時に出発していった。私の方は雪が緩み出す7時半に出発した。この日も見事な天気で、これから向かう薬師岳へのルートがよくわかる。

P4290137

出発時はTLTスキーの2名が先行した。薬師峠までは下りなのだが、面倒なので、小屋からシールを付けて滑り、そのまますぐに登りに入った。ただ、雪面はまだ硬く、念のためクトーを装着した。先行者もクトーを付けていた。

クトーの効きはよく、快適に登れる。途中で、立山から縦走してきたと思われるスキーヤーが1名下りてきた。薬師岳小屋の前で先行者2名が休憩していたので、そこからは先頭に立った。

P4290138

出発してから2時間ほどで山頂に到着した。

P4290139

薬師岳の山頂は2度目であった。5年前の夏に大学院生2名と一緒に登って以来だ。剱岳も見える。今頃は山岳会の仲間がちょうど登っているところだ。

P4290141

槍ヶ岳も見える。

P4290142

TLTスキーの2名は金作谷を滑るようだ。アドレナリンが出まくりそうな急斜面だ。一方、私がこれから滑る中央カールは、どちらかと言うとメローな斜面だ。今日中に下山することを考えると、寄り道は中央カールが無難なところである。

カールは雪も緩んでいて、快適な滑走で、あっという間にカールの底に下りてしまった。標高差200mの滑りであった。

P4290144

標高差200mを山頂まで登り返す途中で、中央カールを振り返る。なかなか立派なカールだ。途中で、小屋で同室だったテレマーカーが滑り降りてきた。

P4290145

山頂からは往路を戻るだけだ。次々と、小屋で一緒だったスキーヤー、あるいは北ノ俣避難小屋から来たらしい登山者が登ってくる。薬師峠まで滑ったら、スキーヤーが1名休んでいた。ここからは北ノ俣岳への長い登り返しだ。途中で、テレマーカーが1名滑ってきた。昨晩はテレマーカーが私も含めて3名小屋に泊まっていたが、いずれも単独であった.テレマーカーは単独を好むのだろうか。北ノ俣岳に着いた頃には結構ヘトヘトであった。

P4290146

北ノ俣岳からは避難小屋まで滑走する間にも、何パーティか登ってきた。さすがに連休だけあるが、それでも立山に比べれば人も少なく静かなものである。この山域は入山に1日かかるので、体力があるものしか来ることができない。

往きには視界不良でわからなかった北ノ俣避難小屋を確認することができた。この避難小屋には、視界不良の時は、場所を知っていないと、たどり着けないかもしれない。

P4290147

寺地山への登りはスキーを担いだ。飛越新道のようにアップダウンがあるところでは、ステップソールの板がよいのだが。今回は滑走性を重視したため、フラットソールの板を持ってきた。寺地山を過ぎてからは、登り箇所もなんとかスキーを履いたまま進んだが、結構苦労した。それでも下りになれば楽である。

寺地山から1時間半ほどで飛越トンネルまで下りることができた。しばらくすると1名のテレマーカーが下りてきた。なんとKさんだった。Kさんはステップソールの板だったので、アップダウンのある飛越新道でも快適に下りれたようだ。ウマ沢を滑って、この時間に下りて来られるとは、なかなかの体力の持ち主である。それだけでなく、Kさんは、翌日から穂高の涸沢を滑りにいくとのことだから、なかなかの猛者である。

林道は雪が途切れるところまで滑ったが、だいぶ入山時よりも溶けていた。車も私が駐めた所よりも奥に入れている。あとはスキーを担いで、駐車地点まで歩いた。Kさんとは来年のテレマーク関西講習会での再会を約束して別れた。

3日間とも、ロングルートであったが、黒部源流域を自由に滑ることができて、実に充実したスキーツアーであった。

黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目)に戻る

|

« 黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目) | Main | 連休後半はお手軽コースで! 白馬乗鞍岳往復 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 薬師岳中央カール滑走(黒部源流スキー3日目):

« 黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目) | Main | 連休後半はお手軽コースで! 白馬乗鞍岳往復 »