« 薙刀山・野伏ヶ岳縦走スキー | Main | 黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目) »

April 30, 2012

和佐府から太郎平小屋へ(黒部源流スキー1日目)

GW前半は、太郎平小屋をベースに、黒部五郎岳と薬師岳に登頂し、周辺の大斜面を滑ってきました。昨年も行こうとして、寺地山の先で、テレのビンディングが破損して、やむを得なく下山したところです(去年のブログ)。

今回は、最初はカレンダー通りの連休で山行を予定していました。ところが、直前の天気予報で、GW前日の天気が回復傾向ということで、急遽、GWが始まる1日前も休暇を取って、1日早く出発することにしました。そのおかげで、天気にも恵まれ、大斜面を独り占めすることもでき、大変充実したスキーツアーができました。以下、その報告です。

【山域】薬師岳・北ノ俣岳・黒部五郎岳
【場所】岐阜県・富山県
【日時】2012年4月27日(金)~29日(日)
【メンバー】マメゾウムシ

1日目(4月27日):和佐府から太郎平小屋へ

【天 気】 曇りのち晴れ
【コースタイム】有峰林道駐車地点6:25〜飛越トンネル7:54〜寺地山10:40〜北ノ俣避難小屋11:30〜北ノ俣岳13:28-45〜太郎平小屋14:42

前夜は神岡の道の駅宙ドームにて仮眠し、早朝に飛越トンネルへ向かった。有峰林道は飛越トンネルまで4.3kmの地点まで車で入ることができた。去年と同じ所だ。車は他にはなかった。今日の入山者は私だけのようだ。

P4270097

雪はすぐに途切れるので、スキーを担いで6時25分に出発する。30分ほど歩くと、雪がつながり出したので、シール歩行に切り替える。今日は天気が回復するとのことだが、まだ雲が厚く、時々霧雨が降る。

駐車地点から1時間半で飛越トンネルに到着。去年はトンネルの左側を登ったが、朝のカチカチの急斜面に手こずった。今回は右側を登るのが楽とわかっているので、右側から取り付く。

P4270098

飛越新道の尾根に乗ってしばらく進むと、左側に有峰湖が見えた。

P4270099

針葉樹中心の尾根上を進む。登り基調だが、アップダウンが結構ある。

P4270100

出発してから4時間15分ほどで寺地山に到着。去年は寺地山をトラバースしようとして、急斜面に出て苦労したので、今回はほぼ尾根に忠実に進んだ。

いったん下って、登りになり、しばらく進むと、尾根が広くなり、北ノ俣の大斜面が姿を現した。

P4270102

このあたりからガスの中になり、視界が悪くなる。北ノ俣避難小屋の近くなのだが、わからない。ここからの登りが長かった。なかなか北ノ俣岳の山頂が近づかない。結局、避難小屋のあたりから山頂までは2時間かかった。

P4270103

さて、滑走開始だが、視界がないので、目的とする稜線の方角がわからない。GPSで方角を確認して滑走開始。うっかりしていると間違った方向に行ってしまうので、時々立ち止まって方角を修正する。高度を落とすにつれて、視界もよくなり、ガスも取れてきた。14時にはすっかり晴れてしまい、薬師岳が姿を現した。

P4270106

最後は、太郎山の山頂から太郎平小屋へ滑り込んだ。

P4270107

太郎平小屋の今晩の宿泊者は私のみ。おかげで静かに過ごすことができた。小屋はまだ準備中のようで、スタッフが慌ただしく支度をしていた。

P4270108

夕日に照らされた薬師岳はなかなか見事であった。

P4270111

黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目)に続く

|

« 薙刀山・野伏ヶ岳縦走スキー | Main | 黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和佐府から太郎平小屋へ(黒部源流スキー1日目):

« 薙刀山・野伏ヶ岳縦走スキー | Main | 黒部五郎岳ウマ沢滑走(黒部源流スキー2日目) »