« 氷ノ山東尾根 | Main | 和佐府から太郎平小屋へ(黒部源流スキー1日目) »

April 22, 2012

薙刀山・野伏ヶ岳縦走スキー

この時期になると、毎年(2011年の記録2010年の記録)のように行く奥美濃の野伏ヶ岳ですが、今年も行ってきました。
今回は単に山頂往復だけでは物足りないので、隣の薙刀山から縦走してきました。

【山域】奥美濃 薙刀山・野伏ヶ岳
【場所】岐阜県

【日時】2012年4月21日(土)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】 曇り
【コースタイム】白山中居神社下の河原の駐車場6:25〜シール登行開始890m地点6:59〜和田山牧場跡7:36〜椎高谷左股横断1100m地点8:11〜薙刀平9:07〜薙刀山9:43-54〜薙刀山と野伏ヶ岳の間のコル10:03〜野伏ヶ岳10:42-51〜中央ルンゼ滑走〜湿地11:06〜和田山牧場跡11:27〜滑走終了860m地点11:42〜白山中居神社下の駐車場12:11

いつものように前夜は道の駅白鳥で車中泊。いつも駐車場が混むので、早めに白山中居神社に到着。河原の駐車場の方へ車を駐めたが、車が少ない。いつもは4月のあたまに行っていたのだが、今回はどうやら時期が遅かったようだ。低山でアプローチが長い野伏ヶ岳よりも、アルペンルートが全線開通した立山へみんな行ってしまったのだろうか。駐車場では、山スキーとボーダーの2名パーティーが支度をしていたが、他の車はほとんどが釣り客のようだった。

P4210081

私も早速支度をして、2名パーティーを追うようにスタートする。対岸の駐車スペースにはテレマーカー3人のパーティーが支度をしていた。

去年は4月のあたまに行ったこともあり、橋を渡ってすぐに林道をシール登行できたが、さすがにこの時期ではそうはいかない。スキーを担がざるを得ない。気温は高めなので、雪は緩んでいたが、沈んで歩きにくいということはなかった。先行していた2名に追いついた。

P4210082

出発して35分ほどで、雪がつながりだしたので、シール登行を開始。3回目ともなると林道をショートカットできるところはわかっている。杉林の中をショートカットしながら登る。

P4210083

和田山牧場跡に出ると、視界が一気に開け、野伏ヶ岳が眼前に聳える。山頂付近に雲がかかっているのが気になるが、なんとか今日1日天気は持ってくれるだろう。

P4210084

野伏ヶ岳の写真の右の尾根が北東尾根、左の尾根がダイレクト(南東)尾根、この2つの尾根の中央にある白い筋が中央ルンゼである。過去2回はダイレクト尾根を登り、去年は北東尾根を滑走し、一昨年は南斜面を滑走した。

最初に目指す薙刀山へは、北東尾根の下を回り込まなければならない。湿地の小川沿いに北東尾根を回り込む。

P4210085

北東尾根を回り込むと、椎高谷左股にぶち当たる。薙刀山へ行くには、この谷を横断しなければならないのだが、谷が割れて、激しく水が流れていた。おまけに対岸には雪がない。

P4210086

しばらくは谷の右岸を上流に向かい、谷が割れていないところを見つけて沢を渡った。対岸の雪の付きは悪かったが、かろうじて尾根へ雪がつながっているところを見つけて、なんとか登ることができた。この山行の一番の難所であったが、なんとかなって一安心。

あとは薙刀山への尾根を登る。

P4210087

急斜面を登り切ると、傾斜が緩くなり、台地状の地形が広がった。薙刀平だ。

P4210088

しばらく進むと樹木がなくなり、山頂への広大なオープンバーンが広がった。

P4210089

滑るのに最高のロケーションである。ほとんどのスキーヤーは野伏ヶ岳までで、薙刀山へは足を伸ばさないが、こんなによい斜面があるのだ。薙刀山山頂まではそんなに時間はかからなかった。

P4210090

山頂ではガスが出ていて、視界が悪かった。天気がよければ、先ほどの斜面を滑りたかったのだが、稜線上を野伏ヶ岳へ行くことにする。来年は逆コースで薙刀山の斜面をぜひ滑り倒したい。

腹ごしらえをしたら、シールを外して、雪庇がある稜線上をコルまで滑走。

P4210091

ところどころクレパスもあり、狭い稜線上の滑走はあまり快適ではなかった。岐阜県側の斜面をトラバース気味に滑って、それから野伏ヶ岳へ登り返した方がよかった。次の目的地である野伏ヶ岳。

P4210093

薙刀山を振り返る。

P4210092

コルからの登り返しでは、途中にクレパスがあるので、直登ができるようにスキーにクトーも装着した。クトーの安心感でスイスイと登り、コルから40分ほどで野伏ヶ岳山頂に到着した。

山頂には、私の出発時に支度をしていたテレマーカー3人パーティーがすでに到着していた。山頂での写真は残念ながら取り忘れた。ガスっていたので、写真を撮っても景色はなかっただろう。滑走の支度は私の方が早かったので、先に山頂を出発した。ちょうど朝に追い抜いたボーダーと山スキーの2人パーティーが登ってくるところだった。

目指す滑走斜面は中央ルンゼである。去年も滑りたかったのだが、その時は気温が低く、斜面がカチンコチンだったので、滑落の危険があるこの急斜面を敬遠して、北東尾根を滑った。今回は視界は悪いが、雪は緩んでいるので、行けそうだ。

視界が悪いのと、上部に亀裂があったので、北東尾根をちょっと下ったところから中央ルンゼにエントリーした。雪はザラメだが、黄砂の影響でややストップ気味であった。所々、小さな亀裂が結構入っていたが、あまりかっ飛ばさずに、それらの亀裂を避けながら注意して滑り降りた。

P4210094_2

急なところはあっという間に終わってしまい、あとは湿地までのんびりと滑り降りた。100点とは言えないが、それなりに満足な滑走であった。

湿地からは和田山牧場跡まで緩い登り返しが少しあるのだが、雪が腐り気味だったので、シールを付けずにそのまま登った。滑った中央ルンゼを振り返る。

Runze1

薙刀山方向も振り返った。

P4210095

あとは林道を戻るだけだが、最初から林道をショートカットで滑って行った。これが失敗で、雪面に杉の葉がたくさん落ちているのと雪面の凹凸で、スキーが滑らずに快適ではなかった。木も濃い。林道に出てからは、素直に林道を滑っていくことにした。

標高860mぐらいで雪が途切れたので、スキーを担ぎ、ふきのとうを摘みながら駐車場まで戻った。

駐車場に着いたのは、まだ正午であった。スピーディーな山行はスキーの機動力のおかげだ。余力はまだかなり残っていたので、もう少し滑ったり登り返したりしてもよかったように思う。そのまま帰路につき、4時頃には帰宅できた。

この山域は夏道の登山道がなく、山頂に行くことができるのは雪のある時期だけである。雪のある時期に山頂にスピーディーに立てるのは、バックカントリースキーヤーの特権というところでしょうか。

来週からいよいよゴールデンウイーク。今年は前半は薬師・黒部五郎方面へ、後半は白馬・頸城方面でバックカントリースキーの予定です。

|

« 氷ノ山東尾根 | Main | 和佐府から太郎平小屋へ(黒部源流スキー1日目) »

Comments

ユキヤマみてるとおちつきます

またまいります~

Posted by: gw | April 22, 2012 06:30 PM

一里野スキー場のほうは天気が良かったので、薙刀山のほうも天気もいいだろうなと思っていましたが、ガスっていましたか。
アクセスが良いせいか、相変らず人気の山域ですね。

Posted by: CIMA | April 22, 2012 09:31 PM

qwさんへ
ご訪問どうも有り難うございます。
また来て下さい。

CIMAさんへ
ガスっていたのは、山頂部のみでしたが、雲が多かったので、日差しはあまりありませんでした。
そのおかげか気温的には暑くはなくちょうどよかったです。

Posted by: マメゾウムシ | April 23, 2012 10:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 薙刀山・野伏ヶ岳縦走スキー:

« 氷ノ山東尾根 | Main | 和佐府から太郎平小屋へ(黒部源流スキー1日目) »