« 奥飛騨 野谷荘司山 | Main | テレマークスキー関西講習会2012 »

January 18, 2012

白山周辺 鳴谷山

野谷荘司山の翌日は、当初はテレ仲間のしまさんと2人で鳴谷山の計画だった。ところが、前日に一緒だったなべさんとはまさんが加わり、他にMUさん、そして小松労山(ブルーベル)のNさんとMさんが加わって、合計7人の大パーティーで鳴谷山に行くことになりました。山頂から滑走できたのは、大人数だったおかげ。2人だったならば、ラッセルで疲れてしまい、とても山頂までは行けなかったでしょう。以下、その記録です。

【山域】鳴谷山
【場所】石川県

【日時】2012年1月15日(日)

【メンバー】しまさん、なべさん、はまさん、MUさん、Nさん、Mさん、マメゾウムシ
【天 気】 曇りのち雪
【コースタイム】白峰の林道除雪終了地点7:14〜尾根取り付き地点10:14〜1249m林道合流地点12:00〜稜線13:00〜鳴谷山南ピーク13:27〜滑走開始地点13:45-14:04〜1249m地点14:20〜尾根取り付き地点14:49-56〜除雪終了地点16:04

道の駅しらやまさんに6時に集合。途中でブルーベルの2名も合流し、3台で白峰へ。白峰から市ノ瀬方面へ少し行ったところから左の林道に入り、しばらく行った除雪終了地点に駐車した。

P1150837

前夜は道の駅では雨だったので、少々雪の状態が不安だったが、そう悪くはない。7時過ぎにシール登行を開始した。しまさんは今回もBCクロカンだ。重いテレマークはもう履けないようだ。

P1150838

だらだらと長い林道歩きが続く。そうラッセルは大変ではないが、さすがに3時間も続くと飽きてきた。多少、アップダウンがある林道なので、帰りもそれなりに時間がかかりそうだ。

尾根に取り付くと、傾斜が急になり、ラッセルがきつくなる。雪は少々重めでモナカ気味であった。杉林を抜けると、なかなかよいブナ林になった。

P1150840

途中、林道との合流地点を越えて、尾根取り付きから3時間ほどで稜線に出た。本来のピークはまだ先だが、ここが滑走開始地点になる。

P1150841

最初はとても稜線まで行けないと思っていたが、さすがに7人もいれば行けるものだ。前日のことも考えると、新雪の時期にピークまで行くには、それなりのパワーか人員が必要と感じる。せっかくなので、前日と同様にピークまで向かうことにする。

P1150842

多少のアップダウンを繰り返して、鳴谷山の南ピークに到着。ここでホワイトアウト状態になり、風も強くなった。

P1150843

三角点のある北ピークへは、1回下がって登り返すことになる。標高はほとんど変わらない。行ってもシールを付けたまま戻らないといけないので、ここまでとする。とりあえず、登頂写真を。

P1150844

シールを付けたまま、稜線のドロップ地点まで戻る。腹ごしらえをして、支度ができたら、いよいよドロップだ。

P1150845

最初の滑り出しは斜度もあり雪もフカフカで快適だった。前日と同様に激パウで歓声があがる。下に行くにつれて、多少雪は重くなっていったが、滑りにはそう支障はなかった。みんな笑顔で、尾根の取り付き点まであっという間に滑り降りてきた。

P1150847

あとは林道を滑っていくだけ。BCクロカンでステップ付きのしまさんが先行する。途中、登りになるところが厄介だったが、1時間ちょっとで駐車地点へ戻ることができた。ここで解散となり、それぞれ帰路についた。私は白峰温泉総湯で汗を流してから、福井経由で帰路についた。

鳴谷山はこの林道歩きが長くて大変なのか、1月に登って滑走したという記録はあまりないようだ。今回、うまく行ったのは大人数で力量が揃っていたからであろう。この2日間は実に充実したパウダーランができた。

|

« 奥飛騨 野谷荘司山 | Main | テレマークスキー関西講習会2012 »

Comments

コメントが遅くなりゴメンナサイ!
鳴谷山ではラッセルをしていただき、ありがとうございました。私は全くの他力本願でしたが、長年憧れていた冬の鳴谷山の山頂(冬山頂)に立てて感激でした。マメゾウムシさんの体力、素晴らしい!
また今後ともよろしくお願いします。

Posted by: Repu | January 26, 2012 07:29 PM

Repuさん、コメント有り難うございます。
大人数でラッセルできたので、今回は山頂に立つことができました。
またどこか行きましょう。

Posted by: マメゾウムシ | January 31, 2012 06:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白山周辺 鳴谷山:

« 奥飛騨 野谷荘司山 | Main | テレマークスキー関西講習会2012 »