« テーピング講習会 | Main | 常念岳・蝶ヶ岳周回 »

September 13, 2011

奥秩父 豆焼沢

久しぶりに奥秩父の沢を遡行してきました。16年前の釜ノ沢以来です。一緒に行ったのは川崎橘山想会のメンバーです。以下、報告です。

【山域】奥秩父 豆焼沢
【場所】埼玉県
【日時】2011年9月10日(土)~11日(日)
【メンバー】CL Iさん、M先輩、Y先輩、マメゾウムシ

1日目(9月10日):出会いの丘駐車場〜トオの滝上の幕営地

【天 気】 晴れ
【コースタイム】出会いの丘駐車場10:50〜豆焼沢本流11:22〜ホチの滝12:45〜トオの滝14:00〜幕営地14:25

大阪を夜に出発して、中央道の双葉SAで就寝。山へ行くにしては遅めに起きて出発。雁坂トンネルを越えて、9時には出会いの丘駐車場に着いてしまった。ここで川崎組と合流なのだが、彼らは渋滞で20分遅れて到着。支度をして出発。

Mameyaki1

出発時間が遅いので、駐車場近くのヘリポートからトオの滝までショートカットできる作業道を行く予定だったが、その道がわからない。仕方がないので、豆焼沢に下降して素直に下から遡行することにする。

Mameyaki2

台風の後ということもあり、水量がかなり多い。

Mameyaki3 Mameyaki4

平常時ならば、直登できる滝も多いと思われるのだが、あまりの水流の強さに、やむを得なく高巻くことが多かった。

出発して2時間ほどで、雁坂大橋下のホチの滝に到着。

Mameyaki5

この滝は右岸を高巻いたが、ガレているので、念のためザイルを出した。橋の鉄橋の下に出て、沢へ下る。

Mameyaki6

トオの滝のところで、すでに14時となっていた。

Mameyaki7

当初予定していた大滝の上の幕営地に、明るいうちに着くのは難しくなってきた。しばらく進むと、我々にはわからなかった出会いの丘からショートカットできる作業道と合流。

Mameyaki8

ちょうどこの上流側にテントが張れるスペースを見つけたので、今日はここまでとする。テントを張って、晩飯のおかずにと、私とIさんとで釣りに出たが、まったく反応がなかった。作業道を使えば、ここまで釣り人が入って来られるわけだから、それは魚はスレているでしょう。魚影もほとんど見なかったので、密度自体が低いのかもしれない。

沢登りと言えば、夜は焚き火をして宴会が定番。各自のザックからお酒が次々と出てくる。つい飲み過ぎてしまう。酔っぱらって、夕食を作るのが面倒になり、簡単なつまみだけで寝てしまった。

Mameyaki11

2日目(9月11日):トオの滝上の幕営地雁坂小屋〜出会いの丘駐車場

【天 気】 曇り
【コースタイム】幕営地6:10〜4段50m大滝6:53〜予定の幕営地8:55〜スダレ滝の二俣9:15〜登山道(雁坂小屋の水源)10:40-11:00〜雁坂小屋11:21-45〜黒岩尾根登山道下山口14:07〜出会いの丘駐車場14:15

4時半に起床して、各自で簡単に朝食を済ませる。前夜も食事を簡単に済ませてしまったので、後半はしゃりバテ気味となった。テントを撤収して出発。

どんどん滝が出てきます。相変わらず水量が多いです。

Mameyaki12

直登できる滝は登りましたが、巻く滝も多い。

Mameyaki13

やがて4段50mの大滝が現れました。

Mameyaki15

右岸をかなり高巻く。そして下降だが、下が見えず状況がわからないので、念のためザイルを垂らしたが、懸垂下降するほどではなかった。

Mameyaki16

その後も滝が続く。難しそうなところはザイルを出して確保した。

Mameyaki17

やがて当初の幕営予定地に到着。鹿の角が立てられていました。

Mameyaki18

すぐにスダレ滝の二俣でした。

Mameyaki20

本流を進むと、ナメ滝が続きました。水流が強いので、フリクションだけで行くのは危険。スタンスをしっかり取って進みます。

Mameyaki21

源頭っぽくなってきたところで、ミニゴルジュに突入し滝が続く。水量が多いのでシャワークライミング状態。水が冷たいので、手がかじかんで大変でした。パンプ状態になったところで、なんとか突破。

やがてドラム缶やら人工物のあるガレ場になる。そこで大きな音がしてドラム缶が下に落ちて行った。どうやらMさんの刺激で、落ちたようだが、下に人がいたら大変なことになっていたかもしれない。少し登ると雁坂小屋の水源である水槽が見えてきた。ここが登山道と合流する地点であった。

Mameyaki23

沢装備を解除して、下山用の靴に履き替えた。雁坂小屋まではトラバース道であった。

Mameyaki24

雁坂小屋で大休止。

Mameyaki25

元気なIさんは3大峠の1つである雁坂峠を往復してきた。他の3人はゆっくりと下山開始。豆焼橋までの道は歩きやすかったが、単調で8.2kmと長くて歩くのに飽きてしまう。しゃりバテもあって失速気味。やがてIさんも追いついて、一緒に下山した。

昨年の7月にブドウ沢で救助ヘリの墜落など多重遭難があったが、この登山道はその現場近くを通る。ブドウ沢への下降ルートらしい分岐が途中にあったが、ふさがれていて立入禁止となっていた。日テレの記者ら2名はこのルートを下降して遭難したのかもしれない。

下山地点には黒岩尾根登山道入口と看板があった。

Mameyaki26

豆焼橋からはホチの滝の上にある雁坂大橋が見える。あの橋梁の下を通ったのだ。

Mameyaki27

豆焼沢を見下ろす。出会いの丘駐車場からは結構な下降である。Mさん、Yさんもゆっくりと下山してきた。

Mameyaki28

道の駅「みとみ」で、近くの笛吹川ヌク沢を遡行してきた山岳会メンバー4人と合流し、花かげの湯へ移動した。みんなで汗を流した後は、運転手はノンアルコールビールで、他は生ビールで乾杯をした。川崎組と別れた後は、翌日のトレラン練習のために常念岳の三股登山口へ向かった。

|

« テーピング講習会 | Main | 常念岳・蝶ヶ岳周回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奥秩父 豆焼沢:

« テーピング講習会 | Main | 常念岳・蝶ヶ岳周回 »