« ボレーのスイッチバックまたもロッドが折れる! | Main | 白山 »

June 07, 2011

立山

先週の土曜日はこの春2回目の立山スキーに行ってきました。
一緒に行ったメンバーは金沢のCIMAさんと国際ガイド資格を持つオーストリア人のNさん。
以下、報告です。

【山域】立山
【場所】富山県

【日時】2011年6月4日(土)

【メンバー】CIMAさん、Nさん、マメゾウムシ
【天 気】晴れ
【コースタイム】室堂8:42〜一ノ越9:27-9:41〜雄山10:42-11:36〜御前谷滑走終了点11:46〜雄山谷側ドロップ地点12:43-12:52〜雄山谷滑走終了点12:56-13:00〜一ノ越13:13-13:24〜室堂13:35

いつものように立山駅に集合して、室堂へ上がる。実に天気がよい日だ。早速シールを板に付けて一ノ越へ向かう。45分ほどで一ノ越へ到着。

P6040251

一ノ越から雄山までの稜線は雪が付いていないので、ここからはスキーを担ぐ。テレブーツでの岩場の登りはきつい。おまけに高度の影響もあり、ゆっくりと1時間ほどで雄山山頂着。雄山の山頂を踏んだのは15年以上ぶりだと思う。

110604r0011103 CIMAさん撮影
P6040254

山頂の祠の横からは剣岳が眺められる。ちょっと風が強い。

P6040256

超人的な速さのNさんはすでに御前谷に滑り込んでいて、登り返してきた。適度に緩んでいて最高の雪だそうだ。

当初の予定では山崎カールを滑る予定だったが、山崎カール側は強風で雪がパックされていて硬い。Nさんは山崎カール、私とCIMAさんは快適だという御前谷を滑ることにする。山頂直下は結構な斜度である。

110604110604p1040368

457b2f5_3

山頂からまず尾根状部分を右方向に滑り、やや斜度が緩むところからドロップすることにする。

B9df0f6

まずはCIMAさんがドロップ。次に私がドロップした。

P1040380P1040381_2 P1040382 Nさん撮影

斜度が緩くなるところまでの標高差200mを滑った。この時期に顕著になってくる縦溝もなく、スキー場のようにフラットなスーパーザラメだった。久しぶりに快適な滑りをしたように思う。ターンもスムーズに決まった。下から見上げる。

P6040258

点発生の雪崩のデブリもある。数日前に新雪が降ったようであるが、問題はなさそうだ。

P6040259

御前谷からは雄山谷方面へのコルに登り返し、次は雄山谷へ向かって滑走した。

110604r0011119 CIMAさん撮影

滑ってきた方向を見上げる。雄山谷も山頂近くから滑ればそれなりに斜度はあった。ここもフラットで快適であった。

P6040260

緩斜面になる雄山谷は深入りせずに、一ノ越へ登り返す。

P6040261

あとは室堂までわずかな滑りであった。

110604r0011125

室堂ターミナルではNさんが待ちくたびれていた。例年ならば多いアジア系の外国人観光客が少ないためか、ターミナルはなんか閑散としていた。そのおかげか乗り換えもスムーズに立山駅へ戻ることができた。その後は、前回と同じく亀谷温泉で汗を流した。CIMAさんとNさんと別れた後は、翌日の白山のために単独で市ノ瀬へ向かった。

|

« ボレーのスイッチバックまたもロッドが折れる! | Main | 白山 »

Comments

御前谷ドロップ写真の1枚目、いい形になってますね。
これぞ楽ちんテレマークの基本形!

Posted by: CIMA | June 07, 2011 09:08 PM

なんだかんだ言っても、楽ちん系の滑りが身についているのかな?

Posted by: マメゾウムシ | June 07, 2011 10:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 立山:

« ボレーのスイッチバックまたもロッドが折れる! | Main | 白山 »