« 立山 | Main | ラストスキーは家族で立山へ »

June 08, 2011

白山

またもビンディングのトラブルが起こった白山バックカントリーの記録です。

【山域】白山
【場所】石川県

【日時】2011年6月5日(日)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】晴れ
【コースタイム】市ノ瀬5:20〜(自転車)〜別当出合6:23-6:33〜甚ノ助小屋8:33〜エコーライン下9:19-9:29〜弥陀ヶ原(ビンディングトラブル)10:15-10:56〜(滑走)〜エコーライン下11:19〜甚ノ助小屋の上11:46〜別当出合13:14-13:21〜(自転車)〜市ノ瀬13:35

市ノ瀬で車中泊して朝を迎えたが、意外や車中泊していた登山者が多い。自転車を用意する登山者もいるが、スキーヤーらしき人はいない。

天気予報では曇りだったが、青空は見えている。今日はなんとか天気が持ちそうである。

私もマウンテンバイクを車から出して、前輪を取り付けて出発する。別当出合まで自転車を使うと帰りがかなり楽になる。しかしスキーを背負っての自転車での登りはきつい。それでも先行している徒歩の登山者たちを追い抜いていく。

途中、力尽きて自転車を降りてしまった。そこを自転車に乗った登山者に追い抜かれてしまった。奮起して再びMTBを漕ぐ。今シーズン初の自転車利用ということもあり、足が動かず汗が噴き出す。なんとか出発してから1時間ほどで別当出合に到着した。

P6050262

別当出合には夫婦らしきスキーヤー2名が先着していた。他にもスキーヤーがいてなんかほっとする。

自転車はデポして、ここからはスキーを担いでトレランシューズで歩く。自転車で普段使わない筋肉を疲労させてしまったのか、調子が出ない。中飯場まで1時間ほどかかった。

中飯場を過ぎてしばらく登ると雪が出てきた。ある程度雪がつながり出したところで、トレランシューズからテレブーツに履き替える。このあたりから調子が復活してきた。

甚助小屋は新小屋が出来ていたが、まだ閉鎖されていた。

P6050263

甚ノ助小屋からは雪がつながっていると思われるエコーライン方面へ行く。登山者はみな黒ボコ岩方面へ向かっていた。

南竜道は大部分は雪が付いていなかった。南竜小屋が見えてきたところが、エコーラインの登りになるところだ。

P6050264

ここからはシール登行で進む。シュプールはあまりついていない。最初は急なので、キックターンを繰り返す。斜度が緩くなったら、もう弥陀ヶ原は近かった。エコーラインの上部は一部雪がついておらず、登山道をスキーを脱いで歩いた。

弥陀ヶ原に出たところで、どう進むかである。いつもは室堂の左側の雪渓を登っていくが、山頂南側の尾根を滑走するのであれば、右側から巻いていくのがよいかもしれない。さて、行くかというところで、いきなり右のビンディングからブーツが外れた。

恐れていたことがまた起こってしまったのだ。北ノ俣でのトラブルで修理してから1ヶ月しか経っていない。またもテレマークビンディングのボレー・スイッチバックのロッドが折れてしまったのだ(詳細について)。これではもう登山は続けられない。緊急下山である。写真を撮ることも忘れてしまった。

今回は折れたロッドを紛失しなかったので、針金での応急処置で滑って下りることが出来た。ただしビンディングに負担のかからないアルペンターンで。

南竜道はスキーを担いだが、甚ノ助小屋の下まで滑ることができた。あとはスキーを担いでの下りだが、木の枝がスキーに引っかかって実に歩きにくかった。

別当出合からは自転車で15分ほどで下ってしまった。歩いている登山者の脇を駆け抜けていくのは、なんか優越感を感じてしまう。

ビンディングのトラブルさえなければ充実したスキー山行になったのだが、それだけが残念である。別当出合までの車道は本日開通したそうだ。

|

« 立山 | Main | ラストスキーは家族で立山へ »

Comments

やっと別当出合まで行けるようになったようですね。
残雪の上をBCクロカンで遊びに行きたいと思いますが、肝心の天気が。。。
うまく行きませんね。

Posted by: CIMA | June 09, 2011 07:58 AM

平日は天気がよいのに、今週末の天気はダメですね。
富士山も行きたいし、白山もリベンジしたいが、チャンスはあるかな?

Posted by: マメゾウムシ | June 09, 2011 08:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白山:

« 立山 | Main | ラストスキーは家族で立山へ »