« 乗鞍岳も途中撤退 | Main | 雪倉岳スキー(蓮華温泉周辺BCスキー2日目) »

May 07, 2011

栂池自然園から蓮華温泉へ(蓮華温泉周辺BCスキー1日目)

GW後半は、蓮華温泉をベースに雪倉岳と朝日岳に登頂し、大斜面を滑走してきました。入山中は天気に恵まれて、大変充実したツアースキーができました。以下、その報告です。

【山域】白馬 雪倉岳・朝日岳
【場所】新潟県
【日時】2011年5月3日(火)~6日(金)
【メンバー】Kさん、M先輩、マメゾウムシ
【装 備】テレマーク2名、ATスキー1名

1日目(5月3日):栂池自然園から蓮華温泉へ

【天 気】 晴れのち曇り
【コースタイム】栂池自然園駅9:50~天狗原11:24-12:28~振子沢滑走~蓮華温泉13:56

前夜に、道の駅小谷で山岳会のメンバー2名と合流。朝に1台の車を木地屋の蓮華温泉への林道除雪終了地点にデポし、それから栂池高原スキー場へ向かう。下山日にはスキー場の営業は終了しているので、車は第2駐車場に置いた。

8時半ぐらいにゴンドラに乗車し、ロープウエィを乗り継いで栂池自然園駅へ。恒例の注意事項の説明を聞いてから外に出ると、すでに大勢のスキーヤー・ボーダー・登山者が出発準備をしていた。

P5030179

天気はよい。我々もスキーにシールを付けて出発する。厳冬期と同じく成城小屋からの小尾根に取り付いて、天狗原へ登っていく。テントや4日分の食糧・酒が入ったザックは重く、肩に食い込む。

P5030180

急斜面の登りになると、M先輩が遅れ気味になる。Kさんもゆっくりと登っている。途中で1回休憩を取る。最後の急斜面を登り切って、私が最初に天狗原に到着。やがてKさんが到着。だいぶ遅れてM先輩が到着した。久しぶりの重荷にかかわらず、それほど息が上がらずに登ることができた。普段のトレーニングの成果かもしれない。

P5030182

白馬乗鞍にはアリの行進のように人の列が続いていた。今日の入山者はかなり多そうだ。

P5030181

天狗原でゆっくり休んだ後は、振子沢への滑走に入る。右にフスプリ山へのルートを見ながら、振子沢に入る。重荷での滑走であるが、なんとかテレマークターンで滑れる。ただターンごとにザックによって体が揺らされるのはきつい。

P5030183

最初は広いバーンであったが、やがて沢は狭くなり、振り子のような滑りになる。途中から中ノ沢へのトラバースに入る。標識がたくさん付けられているので迷うことはない。中ノ沢へ出て、滑り降りていくとやがて硫黄臭がしてくる。そこから蓮華温泉への林道までは比較的近かった。

P5030184

林道をそのまま左に行くと、蓮華温泉に到着である。

P5040196

テント場は夏場の駐車場であった。駐車場の大部分は雪に覆われているので、テントは雪の上に張ることになる。幕営料は1人1日300円。公衆トイレは使えるようになっていて、水も出る。4日間、快適なテント生活ができそうだ。

P5040185

小屋でビールを購入して、早速、宴会に突入。今日は小屋への宿泊者はかなり多いようだが、テントは10人ぐらいだろうか。フクロウの鳴き声がよく聞こえる静かな夜であった。

雪倉岳スキー(蓮華温泉周辺BCスキー2日目)に続く

|

« 乗鞍岳も途中撤退 | Main | 雪倉岳スキー(蓮華温泉周辺BCスキー2日目) »

Comments

いい感じの出だしですね。
どうやら連休後半はあたりだったようで良かったです。
テント泊も面白そう。
そこは温泉も使えるのですか…

Posted by: コージ | May 07, 2011 09:42 PM

当初の天気予報では後半は大荒れとのことでしたが、蓋を開けてみると前半が大荒れで、後半は好天でした。

テント泊はいかに軽量化するかが重要ですね。
重荷を背負うと、ターンごとにザックに揺さぶられますので疲れます。
重荷で転倒すると、起き上がるのにかなりの重労働になり、体力の消耗も激しいです。

蓮華温泉はテント泊でも利用できます。
内風呂は800円、露天風呂だけならば600円です。

Posted by: マメゾウムシ | May 07, 2011 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 栂池自然園から蓮華温泉へ(蓮華温泉周辺BCスキー1日目):

« 乗鞍岳も途中撤退 | Main | 雪倉岳スキー(蓮華温泉周辺BCスキー2日目) »