« BCクロカンで大鼠山と桑崎山周遊 | Main | 山岳スキーチャリティー大会に参加(1日目) »

April 05, 2011

野伏ヶ岳

昨年に引き続き、野伏ヶ岳を滑ってきました。(参考 去年の記録

【山域】野伏ヶ岳
【場所】岐阜県

【日時】2011年4月3日(日)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】曇り後晴れ
【コースタイム】白山中居神社7:15〜和田山牧場跡8:22〜ダイレクト尾根取付(湿地)8:51〜野伏ヶ岳10:25-10:55〜北東尾根滑走終了11:20〜和田山牧場登り返し終了地点11:40-11:44〜白山中居神社12:11

道の駅白鳥で目覚めたのが5:55。寝坊である。慌てて跳び起きた。トイレや朝食などを素速く済ませて、石徹白の白山中居神社へ向かった。白山中居神社に到着したのは7時。神社の駐車場はほぼ満車状態であったが、かろうじて1台駐められるスペースがあった。

ほとんどの登山者やスキーヤーが出発した後に、私も急いで支度をして出発。今シーズンは雪が多く、駐車場から橋を渡ってすぐの所から、林道には雪がついていた。去年は板を担いでだいぶ歩いたが、今年は早速シール登行ができる。途中、雪の切れかかっている箇所もあったが、なんとかつなげて登って行けた。ただこの日は前日よりもだいぶ気温が低く、林道の雪面は前日にも増してカチカチであった。林道はショートカットできる箇所があり、親切なことにそういう箇所には赤テープが付いていていた。

出発してから1時間ちょっとで和田山牧場跡に出た。その間に多くの登山者やスキーヤーを追い抜いていた。目の前に野伏ヶ岳の姿が聳える。

Nobuse1_2

登ってきた方向を振り返ると、奥美濃の山々が見える。

Nobuse2

そのまま野伏ヶ岳を目指して西へ進み。やや南へ回り込んで、山頂から南東方向へ伸びるダイレクト尾根に取り付いた。雪面はカチカチなので、クトーをスキー板に装着して登っていく。ダイレクト尾根の南側は、去年滑ったオープンバーンの大斜面である。

Nobuse3

山頂が近づくにつれ、傾斜がきつくなり、キックターンを繰り返す。つぼ足登山者のトレースが硬く、スキーにはきつい。ダイレクト尾根と北東尾根の合流地点は雪庇になっていて、それを乗り越える。ここから山頂まではさほどかからなかった。

Nobuse6

山頂の北側には、薙刀山の背後に白山が見える。

Nobuse5

山頂では風は強くなかったが、日は出ておらず、気温は相変わらず低い。GPSオレゴン450TCは低温のため、山頂近くで電源が落ちていた。雪はアイスバーン気味である。雪が緩むまでとても待てないので、昼食のおにぎりを食べたら、早速滑走することにする。今回は北東尾根を滑る。

雪面は相変わらずガチガチである。前日のトレースやシュプールがそのまま凍っていて、その凹凸が滑りにくい。これでは攻めの滑りができない。急斜面を慎重に滑り、高度を下げていく。雪が緩みだしたのは、だいぶ下がってからであった。傾斜が緩み始めたら、北東尾根とダイレクト尾根の間のルンゼに入った。

Nobuse7

そこからは快適な滑りができたが、もう傾斜もゆるくなっていて、あっという間に終了であった。雪の状態がよければ、山頂から直接このルンゼに飛び込めば、豪快な滑りが楽しめるだろう。山頂方向を振り返る。

Nobuse8_2

北東尾根の滑走終了地点は和田山牧場跡の近くに出るので、登り返しはわずかである。板をかついで登り返す。あとは林道をボブスレーのように滑るだけであった。遅めに出発していながら、駐車場に戻ったのはどうやら一番最初のようだった。

去年は登りに4時間、下りに1時間40分かかったが、今回は登りが3時間10分、下りが1時間15分であった。この時間の短縮は、雪が多かったため林道を歩く必要がなかったのもあるが、最近の走り込みの成果かもしれない。帰りはウイングヒルズ白鳥スキー場内にある満天の湯で汗を流して帰路についた。

|

« BCクロカンで大鼠山と桑崎山周遊 | Main | 山岳スキーチャリティー大会に参加(1日目) »

Comments

日曜は下界でも、最高気温が10度を下回るような感じでしたから、出発が遅くなったのは幸いだったかも。
この時期、気温が下がればカチカチ雪、上昇すればグサグサ雪で難しい季節ですが、当りの確率50%ぐらいの気持で望むのがいいかもしれませんね。

Posted by: CIMA | April 05, 2011 at 07:43 AM

そうですね。
この時期はロングコースを行かない限りは、出発は遅めでよいですね。
日没も遅くなってきていますし。

Posted by: マメゾウムシ | April 05, 2011 at 11:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/51301720

Listed below are links to weblogs that reference 野伏ヶ岳:

« BCクロカンで大鼠山と桑崎山周遊 | Main | 山岳スキーチャリティー大会に参加(1日目) »