« 山岳スキーチャリティー大会に参加(2日目) | Main | 葛城山・金剛山の春 »

April 18, 2011

木曽御嶽山

急遽、日曜日の天気がよくなるということで、御嶽山を滑ってきました。

過去の御嶽山の記録(2010年2008年2007年

【山域】木曽御嶽山
【場所】長野県

【日時】2011年4月17日(日)

【メンバー】マメゾウムシ
【天 気】晴れ
【コースタイム】田の原登山口9:24〜王滝山頂11:17-11:53〜田の原登山口12:25〜おんたけ2240スキー場駐車場12:44

前日は娘と同じ宿舎のOさん父娘と一緒にびわ湖バレイのファイナルに行っていました。それから帰宅して、急いで夕食を食べてから出発しました。出発時間は8時半。

御嶽山はいつもならば御岳ロープウエィスキー場からアクセスするのですが(過去の記録参照)、残念ながら今シーズンから休業に入ってしまったので、南斜面にあるおんたけ2240スキー場からアクセスしました。しかし、中津川のICを下りてから下道が長い。到着は深夜2時近くでした。

翌朝は見事な晴天でした。御岳も頂上が見えています。スキー場にはまだ十分に雪があり、下まで滑れます。

Ontake1

8時半からリフトが動き出したので、3本リフトを乗り継いで標高2240mへ。リフト代は1200円。スキー場トップから初心者コースを少し下ったところが、田の原登山口です。10人程度の山スキーヤーとボーダーが出発準備を始めていました。テレマーカーは私1人のようです。

Ontake2

先行者のボーダーとスキーヤーを追って出発。樹林帯を抜けるまでに2人を追い越して先頭に立ちました。

森林限界を超えると、真っ白な急斜面をキックターンを繰り返して登っていきます。急斜面ですが、雪はすでに緩んでいますので、クトーをつけずにシール登行でどんどんと高度を上げます。休憩せずに進みましたので、2時間かからずに王滝頂上に着いてしまいました。御岳ロープウエイから行く時は山頂部まで3時間はかかっていたと思うのですが、こちらの方が近いのかな。

Ontake4

御嶽山の最高地点は剣ヶ峰です。剣ヶ峰まで行ってもよかったのですが、剣ヶ峰と王滝山頂間は岩は出ているし、雪はクラスト気味なので、今日はここから滑走とします。剣ヶ峰から1名スキーヤーが下りてきました。話しによると彼はどうやらリフトが動き出す前にスキー場をシール登高して登ったようです。

Ontake3_2

王滝山頂から剣ヶ峰方面を見ると、噴煙がゴーゴーと音を立てて上がっています。硫黄の匂いがします。

Ontake6

途中で追い抜いたスキーヤーとボーダーも上がってきました。スキーヤーは剣ヶ峰へ向かうようです。それにしても天気がよいです。富士山がくっきりと見えています。手前が中央アルプス。その奥が南アルプスで、富士山はさらにその奥です。

Ontake5

昼食を食べたら、いよいよ滑走です。急斜面にアドレナリン全開です。

Ontake7

前日に湿雪か雨が降ったようで、真っ白い新雪の部分もありますが、ちょっと重めのザラメでした。重雪で板の操作に疲れますが、滑走には問題ありません。次々とスキーヤーやボーダーが上がってきています。その横をテレマークターンを軽快?に決めて滑っていきます。

Ontake8

斜度が緩くなると、スキー場は近い。

Ontake9

誘われるままに沢状地形に入ってしまいましたが、スキーを履いたまま少し登り返して、元のルートへ戻りました。晴れていればルートファインディングは問題ありません。

田の原登山口で滑ったルートを振り返ります。結構急に見えます。我ながらよく滑ったものです。休憩時間を含めて往復3時間でした。

Ontake10

あとはスキー場を滑って駐車場到着です。

御岳ロープウエィスキー場からだと結構広い斜面を滑る印象ですが、今回のルートは狭い急斜面という印象でした。雪がクラストしている時は滑落に注意が必要です。

|

« 山岳スキーチャリティー大会に参加(2日目) | Main | 葛城山・金剛山の春 »

Comments

まるで、山岳スキーのような早さ!ノリノリですね~。
うぅ~ん、御岳行きたかった…が仕事があったし、次の機会に。
でも、急斜面ですな~(やばっ)。
来週は土曜だけ、空いています。
予定合えば行きましょう。

Posted by: コージ | April 18, 2011 at 05:32 PM

やや速いという程度ですよ。
たまには急斜面もよいです。

今週末は天気がいまいちなので、微妙ですね。
この時期は天気が悪いとカチカチ斜面になりますから。
直前の天気予報で考えましょう。

Posted by: マメゾウムシ | April 18, 2011 at 06:36 PM

御岳の積雪はどれくらいだったのでしょう。御岳は、無雪期に2度濁河温泉から登りましたが、山スキー向きの斜面が多そうな感じですね。尺ナンゾ谷あたりでも滑ってみたい気もしますが、何時になることやら、という感じです。

Posted by: CIMA | April 18, 2011 at 09:57 PM

御岳は例年並みの積雪量と思います。まだしばらくはスキー場まで通しで滑れそうな感じです。

Posted by: マメゾウムシ | April 19, 2011 at 09:08 AM

 おぉ~、御嶽山ですか。良いですね~。天気も最高です。
16年前の同じ日に酒田からの日帰りで山頂から滑ってきたことを
懐かしく思い出しました。また行きたい山です。

 いや~。それにしても素晴らしい天気です。\(^〇^)/

Posted by: ファーマー佐藤 | April 22, 2011 at 09:17 PM

ファーマー佐藤さん、コメント有り難うございます。
酒田から日帰りで御岳往復は結構ハードだったんではないでしょうか。
5月末ぐらいまでは滑れそうな感じです。

Posted by: マメゾウムシ | April 23, 2011 at 12:29 PM

 はい、ナカナカでした。往復1,030Kmあったので、運転している
時間の方がずっと長かったです。(^^;

 ところで、冬の鳥海山ですが、2月下旬がお薦めです。
2~3日連続して晴れて春のような陽気になることが、ここ数年は多いです。
それ以前は地元の登山者でも登頂機会が殆どありません。
特に一月では10年に一度あるかというほど厳しいです。

Posted by: ファーマー佐藤 | April 24, 2011 at 08:58 AM

ファーマー佐藤さん、片道500kmで日帰りはもったいないですね。
大阪の堺からだと、ちょうど妙高ぐらいがそれぐらいの距離で、確かに運転はしんどいです。
その分、最低でも2日間は滞在して滑っております。

鳥海山、来年も冬季に挑戦したいです。
その前に春の鳥海山も滑りたいですが、5月はちょっと難しそうです。
6月の東北方面の出張ついでに立ち寄れればと思っています。

Posted by: マメゾウムシ | April 24, 2011 at 05:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/51425795

Listed below are links to weblogs that reference 木曽御嶽山:

« 山岳スキーチャリティー大会に参加(2日目) | Main | 葛城山・金剛山の春 »