« ~元気出して!汗かいて!東日本に勇気を届けようカップ~ 追記 | Main | 野伏ヶ岳 »

April 04, 2011

BCクロカンで大鼠山と桑崎山周遊

先週末は奥飛騨の大鼠山・桑崎山と奥美濃の野伏ヶ岳へ行ってきました。
まずはBCクロカンで周遊した大鼠山・桑崎山の記録です。

【山域】大鼠山・黒崎山
【場所】岐阜県

【日時】2011年4月2日(土)

【メンバー】CL CIMAさん、マメゾウムシ
【天 気】曇り時々晴れ
【コースタイム】大鼠北ノ股林道入口7:13〜大鼠山9:48〜桑崎山11:45〜林道入口12:57

6時に道の駅「宙ドーム神岡」でCIMAさんと待ち合わせて、山之村に向った。道路が雪で全面覆われるようになった所で車を停めたが、そこがちょうど大鼠山へ通じる林道の入口であった。

Ohnezumi00

合成皮革ブーツにカルフGTを履いて出発。最初の林道を間違えてしまったが、すぐに軌道修正。まだ気温が低く、雪面がカチカチの林道を進む。そのためステップの効きはいまいちであった。

Oonezu4 Oonezu3

山頂の手前500mぐらいのところから林道から外れて、大鼠山頂に向った。出発してから2時間強で山頂着。木々の間から北アルプスの北ノ股岳が見える。

Ohnezumi07 Ooneu5

大鼠山からは桑崎山へ向かった。その途中で深洞湿原を通過する。そこはシラビソやコメツガなどの針葉樹の原生林であった。

Oonezu5

桑崎山には、大鼠山からアップダウンを繰り返しながら、2時間弱で到着した。ここまで昼食時を除き、あまり休憩はしなかった。山頂からは木々の間に笠ヶ岳が見えた。

Oonezu6 Ohnezumi23_2

ここからは滑走のみになる。不安定なBCクロカンで滑るにはちょっと木が多く、斜度もあった。転倒を繰り返しながら高度を下げた。クロカン慣れしているCIMAさんはターンを決めて滑っていく。

Ohnezumi26

最後に小沢のスノーブリッジを渡って、車を駐めている林道に出た。そのまま道路脇の雪を滑って駐車地点に到着。帰りに道の駅神岡で昼食を食べ、割石温泉で汗を流して、CIMAさんと分かれた。その後は、翌日の野伏ヶ岳に備えて、奥美濃の道の駅白鳥まで移動して車中泊。

この日は滑走よりもよく歩いた1日であった。個人的にはプラブーツにステップソール板の方が安定していただろう。しかし、どんな道具を使うにしても慣れが重要。フニャフニャの柔らかい合成皮革ブーツでも華麗にターンを決められるのはいつのことだろう。

|

« ~元気出して!汗かいて!東日本に勇気を届けようカップ~ 追記 | Main | 野伏ヶ岳 »

Comments

土曜は、クロカンやったな、という感じでしたね。
GPSデータでは、歩行距離(滑走込)で15km、累積標高差で1000mを越えてました。
あのコースを一生懸命回れば、トレランの為の体力作りにもなると想うのですが、どうでしょうか?

Posted by: CIMA | April 04, 2011 at 11:53 PM

よく歩きましたね。
トレランのためにも十分なトレーニングになります。
そのためか今週は足に疲労が貯まっている感じがします。

Posted by: マメゾウムシ | April 05, 2011 at 11:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/51301267

Listed below are links to weblogs that reference BCクロカンで大鼠山と桑崎山周遊:

« ~元気出して!汗かいて!東日本に勇気を届けようカップ~ 追記 | Main | 野伏ヶ岳 »