« 白馬へ | Main | 前期終了 »

July 25, 2010

白馬岳 父娘登山

小学校4年生の娘と登った白馬岳の記録です。白馬岳の山頂を踏んだのはもう15年以上も前のこと。今回は親子登山ということもあり、落石の危険のある大雪渓を避けて、栂池自然園より往復してきました。

【山域】白馬岳
【場所】長野県
【日時】2010年7月22日(木)〜23日(金)
【メンバー】マメゾウムシ・娘
【天 気】 晴れ時々ガス
【コースタイム】
7/22 栂池自然園7:51〜天狗原9:10-25〜白馬乗鞍岳10:00-15〜白馬大池11:10
7/23 白馬大池4:30〜小蓮華山6:00〜三国境6:40〜白馬岳7:30-45〜白馬大池10:15-12:00〜栂池自然園15:00

1日目

栂池ゴンドラは7時が始発。山は早立ちがモットーなので、始発近くのゴンドラに乗り、ロープウエーを乗り継いで栂池自然園へ。トイレを済ませ、早速出発。今回は久しぶりのテント泊のため、荷物はちょっと重め。娘も自分の個人装備は担いでもらう。稜線は雲に隠れているが、天気はよい。

白馬乗鞍までは、雪のある時期にスキーで何度も登っている馴染みのルート。雪がないとかなり雰囲気が違う。天狗原までの急登はザックが肩に食い込み、汗が吹き出す。

天狗原から白馬乗鞍岳までは岩がゴロゴロした急なルート。途中、雪渓を何度か横切る。最も急な雪渓では、安全のため娘に軽アイゼンを装着させる。
Hakuba1

白馬乗鞍岳までは去年も娘と歩いているが、だいぶ歩き方もスピードも安定し、娘の成長を感じる。白馬乗鞍岳の山頂からは白馬大池が見えている。ここから白馬大池までは、さほど時間はかからなかった。
Hakuba4

小屋でテントの受付を済ませ、早速設営。しかし到着が早かったため、夕食までだいぶ時間をつぶすことになった。雪渓で遊んだり、高山植物を観察したりして過ごしたが、結局、明るいうちにビールを空けてしまった。
Hakuba2
Hakuba3

夕方までにテントの数も多くなっていった。昔ならば大学の山岳部やワンゲルが多かったが、15回の講義を確保するため、どこも夏休みの始まりが遅くなっているためか、学生のグループは神戸高校と高崎女子高校山岳部だけであった。高崎女子高校は山ガールブームなのかかなりの大人数で、撮影クルーも同行していた。いったい何の撮影なのだろうか。

星の観察のため22時に1回起きたが、月が明るく満点の星空ではなかったのは残念だった。

2日目
3時に起床したら、月はすでに沈んでいたが、今度は雲が出ていた。そのまま朝食の準備をし、4時半に軽装でテント場を出発した。

白馬大池から船越の頭に登る途中で日の出を迎えた。
Hakuba5

途中の砂礫地にはコマクサやチシマギキョウが咲いていた。
Hakuba7 Hakuba8

船越の頭はスキーでは金山沢方面へのドロップポイントである。雪のある時期に見た景色と照らし合わせてみる。

小蓮華山へ向かう途中で風が強くなり、ガスで視界も悪くなる。それでもペースよく、白馬大池から3時間で白馬岳に到着できた。視界がなかったのは残念であった。
Hakuba6

山頂から小蓮華山へ戻る途中で、ガスが取れて視界が晴れてきた。景色は最高である。白馬大池のテント場まで特に問題はなく、11時前に戻ることができた。

予定ではもう1泊白馬大池でする予定だったが、あまりに早くテント場へ戻れたため、この日のうちに下山することにする。娘にとっては結構長い1日になるが、「頑張る」と言う。昼食のインスタントラーメンを食べて、12時に出発。ビールや食料が減った分、多少荷は軽い。

白馬乗鞍岳からは下りだけであるが、雪渓の通過がある。もちろん娘には軽アイゼンを装着させる。私は最も急な雪渓でストックを使ったグリセードを行うが、体勢を崩してシリセードになってしまった。ほとんど滑落気味だったかもしれない。グリセードも久しぶりだと失敗する。ここは年齢も考えて普通に下るべきであった。

天狗原からは普通の登山道だが、さすがに娘に疲れが。膝が笑ってしまってスピードが出せないようだ。だいぶゆっくりになってしまったが、それでも無事に栂池自然園に到着。よくがんばって歩いた。娘を褒めてやりたい。

|

« 白馬へ | Main | 前期終了 »

Comments

山ガールと一緒ですか。
子供は高山病にかかりやすのですが、娘さんは大丈夫のようですね。
15年後あたり、バリバリの山やになってたりして。
僕の近くにも、そういう人がいるけど。(^-^;

Posted by: CIMA | July 26, 2010 at 08:15 AM

栂池自然園1880mからゆっくり歩いたので高山病は大丈夫でした。
立山や富士山だといきなり2400mからの歩きとなるので、これは私でもきついです。

Posted by: マメゾウムシ | July 26, 2010 at 03:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/48971331

Listed below are links to weblogs that reference 白馬岳 父娘登山:

« 白馬へ | Main | 前期終了 »