« 頸動脈エコー検査 | Main | 立山2 »

June 01, 2010

御嶽山

【山域】御嶽山
【場所】長野県
【日時】2010年5月29日(土)
【メンバー】単独
【装 備】テレマーク
【天 気】 曇り時々晴れ
【コースタイム】飯森高原駅(2150m)9:40〜冬ルート〜森林限界11:00〜剣ヶ峰13:30-14:00〜八合目小屋下14:40〜飯森高原駅15:15

御岳ロープウエィの駐車場に着いたのは深夜2時。ここは下道が長く、0時に高速を下りて、この時間。車はなんと1台だけ。さすがにもうスキーには遅いか。明るくなると、ぼちぼち車が来だしたが、始発時間の9時が間近になってもそれほど多くはなかった。ましてスキーヤー・ボーダーはこの時点で自分も含めて4人しかいなかった。

問題はルートの取り方である。雪のある時期は、ロープウエィ山頂(飯森高原)駅からすぐ右の沢に入り、尾根に取り付くルートを取る。しかし残雪は微妙である。夏道を行くべきか迷う。名古屋のスキーヤー2人組も迷っていたが、結局、冬道を行ってみることにする。

すぐに雪は遮断され、笹に前方を塞がれる。多少の藪こぎをしながら、雪をつないでいく。雪がようやくつながってきたのは、森林限界に近づいたあたりで、すでに出発してから1時間以上が経っていた。だいぶ藪漕ぎで体力と時間を消耗してしまった。名古屋の2人は後方でがんばっている。ここからシール登行に切り替える。

藪こぎの疲れからか調子が上がらない。やがて夏道に合流し、九合目の急登にかかる。スリルはあるが、シールで十分行ける。覚明堂から左の沢に入るのだが、雪がつながっておらず、ここでいったんスキーを外す。お釜から剣ヶ峰に向かうところで、再びスキーを外す。あとはだらだらと進むと剣ヶ峰である。剣ヶ峰には結構登山者がいた。おそらく他のルートから登ってきたのだろう。

Ontake1

いよいよ滑走だが、往路を途中まで戻るので、9合目までは2回スキーを外さねばならなかった。この9合目から8合目にかけてが広大で、斜度もそれなりにある期待の斜面である。雪もよいザラメで、板も滑ってくれる。あっという間に、冬ルートとの合流地点まで滑ってしまった。

Ontake2

ここからは夏道のついている尾根を滑る。八合目女人堂の下で、だんだんと藪が濃くなってきた。雪をつなごうと進んだため、夏道を外してしまった。夏道に戻るために、単独のボーダーと一緒に藪漕ぎ。それほど時間をロスせずに夏道に出ることができた。あとは30分ほどスキーを担いだら、山頂駅に出た。

山頂駅周辺は一般観光客でいっぱい。ちょうど山頂駅の手前で、前を歩く名古屋のスキーヤー2人と再会。「ガスが出てきたので、9合目から引き返した」とのこと。2人は最近、バックカントリースキーを始めたとのこと。いろいろと道具や雪山のことなど話し、今後の再会を期待して別れました。

この時期はすでに下部では、雪解けが進み、藪が出ている。素直に夏道を行った方が楽だっただろう。来シーズンへの教訓となった。

|

« 頸動脈エコー検査 | Main | 立山2 »

Comments

先日はお疲れ様でした
単独のボーダーです
山スキーMLから偶然たどり着きました
こちらは和歌山から御嶽山、乗鞍周辺をちょくちょくウロウロしています
また出会いましたらよろしくです

Posted by: fuku | June 04, 2010 12:15 AM

fukuさん、コメント有り難うございます。
御嶽山では夏道についての情報助かりました。
私は堺からですが、和歌山からだとさらに遠いところからですね。
お疲れ様です。
またどこかでお会いしましょう。

Posted by: マメゾウムシ | June 04, 2010 10:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 御嶽山:

« 頸動脈エコー検査 | Main | 立山2 »