« 立山 | Main | 鳥海山 »

May 05, 2010

GWスキー山行遠征

GWはスキー山行の遠征に出ていました。
現在、まだその途中です。
休暇を絡めて、10日間の遠征です。。
ようやくネットにつなげられるところへ来ましたので、簡単に中間報告です。

4月28日(水) 夕方大阪出発。鳥海山の祓川へ向かいます。

4月29日(木) 6時に祓川に到着し、30分で支度して出発。舎利坂を登り始めたところで、天候急変。ホワイトアウトと強風と雪。自分のトレースを頼りに引き返しました。下は暴風雨でびしょ濡れになりました。

4月30日(金) 川崎橘山想会のメンバー2名と合流し、湯の台口から滝ノ小屋へ。視界不良の中、なんとか到着。

5月1日(土) 強風と視界不良で停滞。滝ノ小屋の水場堀りを手伝う。気晴らしに小屋の前の斜面を登って滑る。アイスバーンだが、なんとかこなせる。下部はよい感じのザラメ。そのまま小屋の下の斜面も滑る。

5月2日(日) 朝は視界不良だったが、天気の回復を見込み、行者岳へ向けて8時に出発。クトーをつけてパックされた斜面を登っていくと晴れ間が広がる。行者岳は強風のため寒く、すぐに滑る。上部はアイスバーンだが、なんとかこなせる。下部は快適。小屋で他の2人と合流し、下山。快適な滑りで行けた。

5月3日(月) Mさんと月山へ。月山スキー場のリフトを利用し、姥沢より、快晴の中、ステップ板で軽快に登り、軽快に滑った。

5月4日(火) 檜枝岐へ移動し、御池から燧ヶ岳へ。高温で雪がグサグサでしたが、問題なく滑れた。前日の渋滞の中での移動で疲れが...

5月5日(水) 滝沢登山口より会津駒ヶ岳往復。スキーを担ぐ時間が長かった。2時間近く担ぎ、シール登行は2時間。下りは30分スキーで、1時間歩き。トレランシューズで行って正解でした。

現在、明日の至仏山山行のため、鳩待峠へ移動中。なんと尾瀬の東から西へ車で行くのに、200kmも回り込まなければならない。こんなことならば、尾瀬ヶ原にツエルトでも張って至仏山には登るべきだったか...

そのあとは妙高へ転進予定。

詳細な報告はまた後日にします。

|

« 立山 | Main | 鳥海山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/48278641

Listed below are links to weblogs that reference GWスキー山行遠征:

« 立山 | Main | 鳥海山 »