« 八方バックカントリー強風で撤退 | Main | 白銀は招くよ »

April 20, 2010

白馬 金山沢

金山沢の記録です。

【山域】白馬 金山沢
【場所】長野県
【日時】2010年4月18日(日)
【メンバー】CIMAさん、こーじさん、マメゾウムシ
【装備】テレマーク
【天 気】 晴れ
【コースタイム】栂池ロープウェイ終点9:10〜2301m台地11:00-11:30〜金山沢〜出合12:20〜林道滑走終了地点12:45〜二俣13:50

この時期は栂池自然園までロープウェイで行けるので楽です。
ゴンドラを降りたところで、娘がスキーでお世話になった栂池スキー学校のジュンジマンに会いました。
今回は知り合いとよく会います。

当初の予定では天狗原、白馬乗鞍岳と稜線を歩いて、ドロップ地点の船越の頭まで行く予定でしたが、稜線に雪煙が舞っているのが見えたことから稜線は強風と判断し、栂池自然園を横切ってドロップ地点まで行くことにする。
2時間ほどで2301mの台地に到着。
風が強い。
小蓮華岳の稜線は雪煙の流れからしてかなりの強風と思える。
船越の頭まで登ることはここで断念し、この台地から直接ドロップすることにする。

ウインドクラストしたモナカで滑り出しは難しかった。
何度か転けてしまったが、スラフが流れることはなかった。
雪は比較的安定しているようである。
下るにつれて雪は快適なザラメに変わる。

Kanayamasawa

急斜面にはあちこちに薄い表層雪崩の跡がある。
おそらく昨日のスキーヤーによって起こされたものであろう。
たしかに融解凍結したザラメの層と新雪の層は融合がよくなかったが、新雪が薄く、スラブとなっていないため、起きても点発生の小規模な表層雪崩だろう。
急斜面を気をつけて、凸状の斜面を避ければ問題ないという判断で進む。

途中で昼食休憩を取ったが、出合まではあっという間であった。
途中には厳冬期のものと思われる巨大な雪崩のデブリもあった。

出合からは猿倉方面へ向かい、除雪された林道でスキーを脱いだ。
私とこーじさんはここで運動靴に履き替えたが、CIMAさんは途中から再びスキーを履き、林道の右側の雪を滑って下りていった。
二俣には1時間弱で到着した。
前日のうちに二俣にデポしておいたCIMAさんの車で、栂池スキー場に戻り、自分の車を回収した。

帰りは道の駅「小谷」の深山の湯で汗を流し、糸魚川のきときと寿司で空腹を満たし、CIMAさんと別れ帰路についた。

2日間とも強風で予定を変更したが、金山沢は期待を裏切らないよい滑りができた。
今週末の立山にも期待したい。

|

« 八方バックカントリー強風で撤退 | Main | 白銀は招くよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/48140263

Listed below are links to weblogs that reference 白馬 金山沢:

« 八方バックカントリー強風で撤退 | Main | 白銀は招くよ »