« 立山で初滑り | Main | 富士山の強風の恐ろしさ:片山右京さんらの事故について »

November 29, 2009

スキーシールのグルーの付け替え

ブラックダイヤモンドのニーニョ用のシールの接着力が落ちてきたので、グルーを付け替えることにしました。
参考にしたは神奈川県にある登山具店FlagstaffのReportページです。

付け替えに必要なものは以下のものです。

・グルーリニュートランスファー
・シール用コテ
・アイロン
・新聞紙などの紙
・カッター
・ローラー

グルーリニュートランスファーとシール用コテは松本のブンリンから通販で購入しました。
アイロンはスキーのワックスがけに使うものを、ローラーはホームセンターで購入しました。

要領はまず新聞紙などの紙の上にシールを置き、温めたシール用コテで古いグルーをそぎ落とします。
十分に古いグルーが取れましたら、グルーリニュートランスファーの剥離紙をはがし、シールの上にのせます。
これで、剥離紙と下に敷いた新聞紙でシールがサンドイッチされた形になります。
アイロンで押して、糊を転写させて行きます。
さらにローラーでサイド側に気泡を押し出します。
転写作業が終わりましたら、シールの周りの余分な紙をカットします。
カットが終わったら、剥離紙を丁寧に剥がします。
糊の付いていない部分があれば、余っている剥離紙を用意し、再度アイロンを押し当てます。
完成です。かなりの接着力です。

作業中にコテの熱い部分を触ってしまい、火傷をしました。
また、カットした新聞紙がグルーに付いてしまったりなど失敗もありましたが、なんとかうまくできました。

|

« 立山で初滑り | Main | 富士山の強風の恐ろしさ:片山右京さんらの事故について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/46890124

Listed below are links to weblogs that reference スキーシールのグルーの付け替え:

« 立山で初滑り | Main | 富士山の強風の恐ろしさ:片山右京さんらの事故について »