« 平ヶ岳 恋ノ岐川本流遡行・オホコ沢下降 その3 | Main | 巻機山 »

October 02, 2009

越後駒ヶ岳

【山域】越後駒ヶ岳
【日時】2009年9月23日(水)
【メンバー】単独
【天気】曇り時々小雨
【コースタイム】枝折峠5:50〜小倉山8:15〜越後駒ヶ岳10:20-25〜小倉山12:00〜枝折峠14:00

再び銀山平で朝を迎えるが、小雨が降る生憎の天気。恋ノ岐川の疲れはだいぶ残っている。体中が筋肉痛や擦り傷、打撲などで痛い。休養日にしてもよいが、とりあえず枝折峠まで行ってみることにする。

枝折峠に着いた頃にはパラパラと降る程度の雨になっていた。雲は高く、山頂も見える。雨がひどくなったら引き返すつもりで出発。トイレの裏が登山口になっていた。最初はゆるやかな尾根歩きだが、疲れが残っている体は重く、スピードは出ない。すぐに隣に駐車していたトレランのおじさんに抜かれる。たちまちのうちにそのおじさんは見えなくなる。このおじさんには翌日にも巻機山で会うことになる。

途中、多少雨が強くなることもあったが、小康状態が続く。小倉山まではアップダウンのある長い尾根歩き。トレランのおじさんはもう山頂を踏んで戻ってきた。超人的な速さである。

小倉山からはいったん下った後、越後駒ヶ岳山頂への急登となる。ここまではトレランのおじさんを含めて2人しか登山者と会わなかったが、駒の小屋からは登山者が多くなった。やはり百名山である。みんな小屋に泊まっていたのだろうか。山頂は駒の小屋からは30分ほどであっただろうか。これで百名山は98峰目である。Komagatake

下山は同じルートを戻るので、長い尾根歩きとアップダウンが続く。沢の疲れもあり、あまり時間は短縮できなかった。

下山後の温泉は湯之谷村交流センターユピオで500円でした。明日は巻機山。夕食と買い出しを済ませ、巻機山へ向かう。

|

« 平ヶ岳 恋ノ岐川本流遡行・オホコ沢下降 その3 | Main | 巻機山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80345/46372425

Listed below are links to weblogs that reference 越後駒ヶ岳:

« 平ヶ岳 恋ノ岐川本流遡行・オホコ沢下降 その3 | Main | 巻機山 »