« 松川温泉 松楓荘 | Main | 八幡平 茶臼岳 »

March 21, 2009

裏岩手 三ツ石山

山頂は踏めませんでしたが、三ツ石山を滑ってきました。

【山域】裏岩手 三ツ石山 松川温泉コース
【日時】2009年3月16日(月)
【メンバー】単独
【装備】テレマーク
【天気】雪
【コースタイム】松川温泉松川荘8:30〜三ツ石小屋11:45-12:30〜13:10松川荘

この日は朝から結構な雪。宿泊先の松川温泉の松楓荘から少し先の松川荘に車で移動。車は松川荘の駐車場に置かせてもらう。

取り付きは1番標識のところから。松楓荘の同宿者から「最初だけかなりの急登で、あとは楽」と聞いていたが、確かに最初から急登。しかしこれぐらいの急登は経験済み。シールのジグザグ登行で登る。基本的に標識を見失わないように行けば問題ないが、所々、標識が隠れていたり、間隔が空いているので、視界不良時はやはり地図とコンパスに頼る方がよいだろう。

急登を登り切ると、尾根が細くなる。尾根の東側には雪庇ができているので、 西側をトラバース気味に行くが、クラストのカリカリの急斜面でスリップしかける。仕方なく、クトーをスキーにつけて通過する。ここを通過すると尾根も広がり、緩斜面が続く。視界不良で地図とコンパスを便りに慎重に進む。ツアー標識を見つけると安心する。

三ツ石小屋が見えた時には3時間が経っていた。ここから三ツ石山山頂まではすぐであるが、視界が悪いのと、帰りが緩斜面でスキーが滑らない可能性も考慮して、山頂は諦めることにする。

滑らないと思っていた雪は意外とよく滑った。上部の新雪は比較的軽いパウダー、新雪が風で飛ばされた部分はカリカリのクラストだが、スキーはよく滑る。最後の急斜面も快適なツリーランだったが、下の方は重い湿雪とクラスト。40分ほどで松川荘に到着。こんなに早く戻ってしまうならば山頂も踏むべきだったか。誰にも会わない静かなバックカントリーでした。 

Mitsuishi

|

« 松川温泉 松楓荘 | Main | 八幡平 茶臼岳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 裏岩手 三ツ石山:

« 松川温泉 松楓荘 | Main | 八幡平 茶臼岳 »