« January 2009 | Main | March 2009 »

February 23, 2009

クロカン

土日は栂池へ行っていました。
土曜日はゲレンデのわきで所属する山岳会のメンバーと雪崩対策の訓練をしてきました。

日曜日はちびスペのクロスカントリースキー練習に一緒に参加してきました。
私は実はクロカンは初めて。
細くて軽いのはよいのですが、下りは実に不安定。
みんな転けまくりです。
それでも子どもたちはすごいですね。
すぐにコツをつかんでしまう。
最終的には保護者の方が転けまくっている回数が多かったような。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

修論発表会

先週の金曜日に修論発表会がありました。
私のところからは2名が発表しました。
質疑応答に多少のじれったさを感じたとしても、まあよかったのではないでしょうか。
2人とも修論は英語で書いていますしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2009

これからの進化生態学−生態学と進化学の融合−

056817 Peter Mayhew著のDiscovering Evolutionary Ecology(Oxford Univ.Press,2006)が翻訳され、3月19日に出版されます。
私もほんの少しだけ翻訳を手伝いましたので、以下に紹介しておきます。

これからの進化生態学−生態学と進化学の融合−
(ISBN978-4-320-05681-7)
Peter Mayhew 著
江副日出夫・高倉耕一・巖 圭介・石原道博 訳
菊判,280頁,4200円

●内容
 生態学と進化生物学の接点としての進化生態学の様々なトピックスについて,最近の研究成果を織り込みながら概説した本。従来の進化生態学の本とは異なる独自の視点に立って過去の幅広い研究の成果を解説し,各々のトピックや研究同士の関係についてまとめているので,これからの進化生態学研究の展望に関して様々なヒントを提示してくれる。バラエティに富んだ内容のわりには分量が少ないので,進化生態学を専攻する学生や,日常的に自分の専門分野以外の研究に触れることの少ない研究者にとっては気軽に読めてかつその分野の概要を把握することができる良書といえるだろう。[愛称:これ進]
〔原著 Discovering Evolutionary Ecology(Oxford Univ.Press,2006)〕

●目次
第1章 進化学と生態学の接点—シクリッドの種分化を例に
第2章 主要な移行と性の進化
第3章 生物圏の進化と飛行の進化
第4章 生活史の進化
第5章 性比と性配分
第6章 移動分散と休眠の進化
第7章 植物の行動生態学
第8章 進化と個体群動態
第9章 ニッチの進化
第10章 相利共生
第11章 共進化
第12章 種の誕生
第13章 種の絶滅
第14章 大進化
第15章 マクロ生態学
第16章 進化生態学のめざすところ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2009

卒業研究発表会

昨日・一昨日と卒業研究発表会でした。
私のところからは2名が発表しました。
新学科としては初めての卒研生でしたが、全体的にまあまあのレベルだったと思います。
もちろん極めて優秀な発表からいまいちな発表までばらつきはありました。
しかしそれが一生懸命やった結果であればよいでしょう。
そうでないのであれば、この後悔をこれからの人生で挽回できるよう頑張って下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2009

栂池ジュニア技術選

昨日は娘が第1回栂池ジュニア技術選手権大会に出場してきました。
今シーズンから娘は栂池スキー学校の「ちびっこスペシャルチーム」に参加し始めたばかりなのですが、大胆にも技術選に出場させてしまいました。
技術的にはまだ娘のスキーレベルはシュッテムな状態なので、順位は最下位でもよいと思っていました。
そういうわけで、今後、どれだけ順位を上げられるかという目標設定のための出場です。
初めてなのに大回り、小回り、ポールの3種類をなんとかこなし、頑張りました。
結果はもちろん下位ですが、最下位ではありませんでした。
今後の励みになることでしょう。

この大会の前日の夜にはその保護者会があり、しこたま飲みました。
きっと多くの保護者達とコーチは二日酔いで子どもの滑りを眺めていたのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2009

第1回テレマーク祭り参加

先週末は兵庫県のハチ北高原スキー場で行われた「テレマーク祭り」に参加してきました。
普段はゲレンデで数人見ればよいテレマーカーが、約150人も集まる大きなイベントです。

講習会あり、試乗会あり、草レースありの盛りだくさんで、多くの関西のテレマーカー達と交流できました。
その中でも100人大滑走は圧巻でした。

講習会では、バックカントリークラスに参加し、ファイントラックの橋本剛さんからバックカントリーに必要な基礎知識(雪崩・ビバークなど)や滑走技術についての指導を受けました。
板の上でのポジショニング、および急斜面でのスピード制御やコブの滑り方については大変勉強になりました。

土曜日の夜の親睦会で行われたビンゴ大会ではスキーソックスをゲット。
実に楽しく、実りあるイベントでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »