« 名神通行止め | Main | あけましておめでとうございます »

December 31, 2008

天狗原バックカントリースキー

2008年最後の山行はバックカントリースキーでした。
以下その報告です。

・山行名:白馬天狗原バックカントリースキー
・年月日:2008年12月29日
・メンバー:単独
・コースタイム:林道入口9:30〜成城小屋10:15〜天狗原11:30〜12:10〜成城小屋12:30〜12:45〜林道入口13:00〜ゴンドラ始発駅13:40

栂池高原スキー場はゴンドラ始発前から混雑し、駐車は第2駐車場にまわされてしまった。
それで林道入口への到着が遅れてしまう。
宿泊していた「ペンションかむるーぶす」のツアーご一行様も林道入口で一緒になる。
ここでシールをつけて歩き出す。
これまでの悪天がこの日は快晴となり、風も弱く、絶好のバックカントリー日和である。
雪も軽く最高のパウダーであるが、デブリはみあたらず安定している感じである。
成城小屋からは急登となり汗がにじむ。
天狗原付近はパックされた雪であるが、滑りやすそうである。
当初の予定では白馬乗鞍岳の山頂まで行く予定であったが、出発が遅れたこともあり、ここまでとする。
軽く食事を取り、シールを外し滑走準備が整ったところで、ツアーご一行も到着。
お互いの無事を誓い、私はドロップ。
最初は前日までのヒロさんのテレマークレッスン内容などすっかり忘れて、これまで通り上下動でターンをしてしまった。
それでも雪が軽いパウダーなので、問題なくターンができてしまう。
これではいけない。
レッスンで学んだ「甲をスネに近づけてスキーを浮かせる」ことをやってみる。
小回りで行ける。
木が密なところになるとアルペンポジションになってしまうが、昨年よりは転倒も少なく、新雪でもだいぶまともに滑れるようになった気がする。
少しはヒロさんのレッスンの成果が出ているのかもしれない。
いつもことながら栂池高原スキー場は長く、足が悲鳴をあげる。
ゴンドラの始発駅に着いた時にはヘロヘロでした。

|

« 名神通行止め | Main | あけましておめでとうございます »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天狗原バックカントリースキー:

« 名神通行止め | Main | あけましておめでとうございます »