« March 2007 | Main | June 2007 »

May 31, 2007

これレポ

 共立出版から「これからレポート・卒論を書く若者のために(略称「これレポ」)」が出版されました。この本は私が大学院時代にいろいろとお世話になった酒井聡樹さんが書かれたものです。酒井さんといえば、大学院生・若手研究者を対象にした名著「これから論文を書く若者のために(略称「これ論」)」を書かれたことで有名ですが、本書は学部生を対象としたものです。まだ全てを読んだわけではありませんが、レポートの書き方について学生に言いたいことがずばり書かれており、今回もなかなかの名著ではないかと思います。学部生には一読をお勧めします。
 私の大学の学生のレポートも、調べたことだけが書かれているだけ、あるいは感想だけを述べているものなど、レポートの体裁になっていないものが実に多いです。やはりレポートや論文の書き方については、講義や実験の時間を一部割いてでも、学生に教育すべきことのように思います。とりあえずは講義の際にでも学生に本書を紹介することから始めます。
 酒井さん、信沢さん、謹呈本有り難うございます。

<ブログランキングに参加中です。>
読んだら1クリックをお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2007

ZARDの坂井泉水さんの訃報

ZARDの坂井泉水さんがあまりに急ですが、亡くなってしまいました。
私はZARDのファンでしたので、実にショックです。
大学院生時代およびポスドク時代には彼女の歌声に実に励まされました。
歌詞も実に前向きで、私の信条にもあうものでした。
あの時のことを懐かしく思うと共に実に残念でありません。
どうか安らかにお眠りください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 15, 2007

乗鞍テレマーク

乗鞍テレマークの記録です。

・山行名:乗鞍BCスキー
・年月日(自):2007/05/11
・年月日(至):2007/05/11
・リーダー,メンバー,他:石原
・人数計:1
・装備:テレマーク
・天候:5/11 強風快晴
【コースタイム】
三本滝8:35〜剣ヶ峰と高天ヶ原の間のコル11:45-12:00〜三本滝13:00

Norikura2  乗鞍岳は2005年5月4日以来のスキーである。三本滝の駐車場で朝を迎える。快晴であるが風が強い。8:18発の位ヶ原行きのバスを待つ。バスが上がってきたが、路面凍結のため、位ヶ原へは行かないとのこと。「もっと早く教えてくれよ。」しかたなく、スキーをザックに付けて徒歩で行くことにする。スキーヤーは私を入れて3人。スキー場を最上部まで登り、その先は下りに使う滑走コースを登る。雪がつながってきたところでシール登高に切り替える。先頭を行くスキーヤーはペースが速く、最後まで追いつけなかった。もう1人のスキーヤーは坪足で私の後ろを来ていたが、諦めたのかやがていなくなってしまった。森林限界を超えると強風が吹き付ける。一昨年にMさんらと来たときには位ヶ原から肩の小屋を経由して剣ヶ峰に到達したが、今回は剣ヶ峰から高天ヶ原へ続く南東の稜線へ出るルートをとった。

 出発してから3時間ほどで剣ヶ峰と高天ヶ原の間のコルに出たが、風が強い。先頭を進んでいた人はスキーをデポして剣ヶ峰まで行ってきたようだ。山スキーであっという間に滑り降りていった。山の名前を確かめようと地図を広げた瞬間、強風で地図を飛ばされてしまった。今回は快晴でルートがわかるのでよかったが、ホワイトアウト状態で地図がないとやばいことになる。今後は気をつけなければ。おかげで強風の中を剣が峰まで登る気力は消え失せてしまった。

 前日の御嶽に引き続き、強風の中でのスキー装着。スキーを装着した瞬間、強風で流されて転ける。滑り出したが良いが下から吹き上げる風に押されてスピードが出ない。傾斜が緩くなったところまで滑り降りると風も収まってきた。ここからは快適な滑り。テレマークターン1つ1つがが決まるのが楽しい。もちろん時々こける。登りに3時間かかってもスキーでの下りは速い。あっという間にスキー場上部へ戻ってしまった。あとはスキーを脱いだり履いたりしながら、スキー場の残雪をつないで滑る。Norikura1 実に楽しかった。大阪への帰りは阿房トンネルを抜けて高山へ出るルートを取り、途中平湯温泉で汗を流した。

 木曽御嶽と乗鞍、どちらも同じようなスタイルの山ですが、御嶽の方が下までそこそこ斜度があります。スキーの面白さ自体は御嶽の方に軍配がありかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木曽御嶽テレマーク

木曽御嶽山BCスキーの記録です。

・山行名:御嶽BCスキー
・年月日(自):2007/05/10
・年月日(至):2007/05/10
・リーダー,メンバー,他:石原
・人数計:1
・装備:テレマーク
・天候:5/10 吹雪・ホワイトアウト・雷
【コースタイム】
5/9 自宅21:00発〜御嶽ロープウェー山麓駅2:00
5/10 木曽御嶽山
 御嶽ロープウェー山頂駅9:25〜山頂稜線スキーデポ地点12:00〜剣ヶ峰12:35〜スキーデポ地点13:15〜ロープウェー山頂駅14:24

 御嶽は4月21日のリベンジ。この時は強風・ホワイトアウト・雨のため、山頂を踏まずに9合目で引き返した。

 週間予報ではまずまずの天気のはずだったが、5月10日は雨が降るとのこと。とりあえず行ってみてから判断することにする。朝はまだ晴れており、御嶽山頂も見える。ロープウェーの切符売り場のお兄さんによると、午後から天気が悪化するとのこと。なんとか行けそうである。天気が悪化する前に山頂を踏み、さっさと降りてくればよい。ゴンドラの始発は9時。平日ということもあり、登山者は私1人だけある。4月に9合目まで登っているので、ルートはわかる。

Ontake1

 かなり腐った雪をシールをつけて登る。樹林帯を抜けると風が強い。やがて雪も降ってきた。この時点ではまだ山頂が見えていた。ところが天気の変化の方が私の登るスピードより速かった。出発してから2時間ほどで完全に吹雪状態でホワイトアウトとなった。前回は雨だったが雪ならばまだましである。しかし、あられ状態の雪は顔に当たると痛い。雪がクラストしだしてからはスキーアイゼンを装着して登る。このスキーアイゼンはテレマーク用のもので、板に直接付けるタイプ。松本の登山具店ブンリンのオリジナル。よく効き、かなりの登高力がある。ガシガシと登り、山頂への稜線へ出る。この時点で雷が鳴り始めるが、スキーをデポし、剣ヶ峰まで行くことにする。

Ontake2  稜線は強風と吹雪で顔を上げることができない。なんとか根性で剣ヶ峰に到着。これで日本の3000m峰は全山制覇である。さあ急いで下山だ。雷のピカとゴロゴロの間隔はほとんどない。しかし、ホワイトアウトで視界はまったくない。降雪でトレースも消えている。コンパスを頼りに歩き始める。気がつくと急斜面にいた。「しまった稜線をはずしている。」登り返すとさっきの剣ヶ峰だ。「やばいリングワンデリングしかけている。」今度は慎重にコンパスで方角を確かめ。稜線をはずさないように進む。雷はいっそう激しくなり、ピッケルの金属部分が帯電して音を出し始める。生きた心地はしない。なんとかスキーのデポ地点付近に戻ってきたが、ホワイトアウトと積雪でスキーが見つからない。雷はいつ落ちてくるかわからない。焦る。もっと見つけやすいようケルンを積むなどしておけばよかったと後悔する。とりあえず登りに通った小屋の付近まで降りてみる。ここで自分のトレースを見つけ、それを追って登り返してみる。「あった。」これで一安心。強風と雷の恐怖の中、スキーをすばやく装着した。

 いよいよ滑走。アイスバーン状態の急斜面を慎重に横滑りと斜滑降で高度を落とす。ホワイトアウトでの滑走は平衡感覚がおかしくなる。滑っているのか止まっているのかがわからないことも。それでも下りはあっという間だった。雷の恐怖を感じなくなったところで、新雪滑りである。わずか数時間の間にだいぶ積もっていた。ちょっと重めだが、テレマークターンが決まるのは楽しい。無事、スキー場へ続く尾根に出る。これでもう迷うことはない。あとは滑りを堪能する。前回は悪雪でテレマークターンどころではなかったが、腕を上げたのか雪質がよいのか快適である。しかし調子に乗るとこける。まだまだ修行が足りない。樹林帯の中もぎこちないながらも滑りきり、あっけなくロープウェーの山頂駅に出てしまった。前回は駐車場までスキー場を滑ることができたが、すでにスキー場は営業を終えていることもあり、滑れない。ゴンドラに乗って下山した。

 この日は全国的に荒れ模様の天気であったようだ。雷に打たれずになによりであった。木曽温泉で汗を流し、翌日の乗鞍岳のために乗鞍高原へ向かう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | June 2007 »