August 08, 2019

大イワナが潜む谷

猪洞川を遡行した翌日は疲れが残っていたので、遡行というよりもテンカラ釣りを目的とし、先月に40cm近い大イワナをあげた某谷へ行くことにした。やはりここは大イワナの棲む谷に間違いなかった。

P8040083

下流部は前日に釣り人が入ったのかなかなかアタリがなかったが、釣れ出すのはいくつか滝を越えてから。滝の高巻きでは懸垂下降を要す場面もあり。

P8040095

P8040097

P8040098

ここは泣き尺サイズが標準で、尺も普通にあがる。

Cb6caf44591753394107396022449cc0f_236447

Mくんは人生初イワナがいきなりの尺サイズ。

P8040096

P8040100

最後の滝壺は大物が潜んでいそう。毛鉤を流すことを繰り返すと、釜の底から巨大な影が浮き上がってきて、毛鉤をくわえた。うまくアワセたが、取り込み中にバラす。逃がした獲物は大きかったが、これも40cm近くはあったかもしれない。そんな大イワナが潜む谷、まさにパラダイスだった。

Rimg8860

ナメでくつろぐもよし!

P8040076

自然も豊か! ミヤマシャジン。

Snake

鎌首をもたげる蛇。ジムグリか、ヤマカガシの黒化型だが識別できず。

Rimg8861

帰りは流れていけば、楽チン!

P8040105

4m滝の上。

P8040106

Mくんは飛び込んだ! 私は股間が耐えられないと思い、巻いてしまった。

また大イワナに会う日まで。

| | Comments (2)

«大日ヶ岳 猪洞川:暑気払いのはずが熱中症に!