May 14, 2017

鳥海山BC4:新山から千蛇谷経由で中島台へ

前日はダブルヘッダーで矢島口往復鉾立サンセットスキーをした我々。本日は滑走距離が最も長い新山から千蛇谷経由で中島台への予定。ちょっと出発が遅くなってしまいましたが、ブルーラインの通行時間制限に無事間に合い、鉾立から車を回収できました。鳥海山の最後を締めくくるのには最適なスキー山行でした。

【日程】2017年5月5日(金)
【山域】出羽
【場所】鳥海山 象潟口 千蛇谷
【メンバー】クスミン、Nさん、Yさん、Fukikoさん、カネヤン、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク6
【コー スタイム】鉾立6:50〜賽の河原8:20〜御浜小屋9:00〜七五三掛け9:58〜新山11:53-12:14〜七五三掛け下12:36〜滑走終了630m地点14:14〜あがりこ大王14:42〜中島台駐車場15:10

本日は登りの標高差は1100m弱だが、下りは1800m近くある。総距離は鳥海山BC2日目に行った標高差1500m往復の湯ノ台口より長い。問題は下部の雪がどこまでつながっているかだが、すでに中島台から往復しているYさんの情報によると、1時間ぐらいの藪漕ぎとなるらしい。どれほどの藪漕ぎかはわからないが、チームヘンタイとしては望むところである。

P5050023

前日のサンセットスキーで夏道の出だしは雪がつながっていないことがわかっていたので、ブルーラインを県境方面に少し歩いたところから雪に取り付く。

P5050024

P5050025

ダラダラと緩斜面を登る。

P5050026

賽の河原の付近。

P5050027

御浜小屋への登りからの新山。

P5050028

鳥海湖。スノーモービルの跡があるのが何とも言えませんが、時間があれば湖底へドロップしたい。

P5050030

1759m小ピークは左(北)から巻く。

P5050033

七五三掛けの通過は、シールを外して滑走した方が安全と判断。

P5050034

千蛇谷に下りたら再びシールをつけて登る。

P5050037

千蛇谷もダラダラと進む。鉾立から新山へのコースは距離が長く、終始ダラダラとした緩斜面が続く。

P5050038

ちょっとガスが出てきてしまいました。みんな歩きがゆっくりなので、ちょっと時間が心配になってきました。ブルーラインの通行時間は8時〜17時のみ。中島台から鉾立に車を回収しに行く時間のことを考えると、中島台には15時には着きたい。下部の藪漕ぎで費やす時間が読みにくいので、そのための時間を多めに考慮すると、新山には正午には到着しているべきとなる。とりあえず12時までに新山の登頂を目指し、間に合わない場合はその時点で引き返すこととする。

18318652_1263334007118379_199301281

そうなるとスピードを一気に上げます。

P5050044

一番乗りで新山に登頂! ガスも晴れました!

18362215_797543647062834_172346514_

6人中5人が登頂できました。

P5050041

七高山は今日も賑わっているようです。それに比べるとこちらは静かな方です。

P5050047

あまり時間に余裕はないので、早速、千蛇谷へドロップするとします。

P5050048

好天の中での滑走は最高です!

P5050049

登頂できなかった1名とも無事合流。

P5050050

広い斜面に各自のシュプールを描く! 滑走シーンは動画をご覧下さい。

Img_1929

途中でちょっと休憩。クスミンが作ってくれたゼリーをいただきます!

P5050051

再び滑走開始!

18318743_1263333193785127_154271316

私の滑り!

P5050052

千蛇谷を振り返ると、新山はもうだいぶ後ろに!

P5050054

ここを下りると樹林帯に突入です。

18318214_1163228153789387_211564944

ツリーランもいいね!

P5050055

ブナの新緑もいいです!

P5050056

滑りの限界が近づいてきました! これぐらいの藪スキーは何ら問題ありません。あがりこ大王の方角を目指しながらも、なんとか滑れるラインを行く。赤テープは所々ありますが、あまりアテになりません。

P5050057

標高630mでさすがに雪が途切れて、スキーを担ぐことになりました。標高差1600mの滑走でした。

P5050058

これぐらいスッキリしていると、藪漕ぎとは言えませんね。

P5050060

途中には何ヶ所かミズバショウの群落がありました。

P5050061

滑走終了地点から30分ほどであがりこ大王に出ました。下部の幹回りが太いブナのことです。ここまでの藪漕ぎはそんな大したことないじゃん! それともナイスルートファインディングのおかげかな?

P5050063

炭焼き窯の跡です。このあたりはブナを切って炭を作っていたので、あがりこ大王のような奇形ブナが多いとのこと。木の上部は常に切られるので、下部の幹のみ太くなる。ここからは一般観光客も結構多く、スキーを担いでいた我々は奇異な目で見られました。

P5050064

あがりこ大王からは木道を歩いて30分ほどで中島台に着きました。

18318171_1163227700456099_942027354

15時10分に、無事、中島台の駐車場に着きました。鉾立への車の回収には間に合いそうです。

Img_1930

運転手のみが中島台にデポしたYさんの車に乗って鉾立へ。途中、秋田名物のババヘラアイス200円を買って食べました。昔ながらのシャーベットですね。

Img_1932

車の回収を終えたら、鶴泉荘で汗を流してから打ち上げへ。

翌日は月山・湯殿山でBCの予定でしたが、残念ながら悪天のため、そのまま帰路につきました。鳥海山を西・南・北から集中的に攻めた4日間は、天気にも恵まれて最高のBCでした。次は新山からの北壁滑走ですかね。それではまた来るときまで。


YouTubeにアップした記録動画です。

| | Comments (2)

«鳥海山BC番外編:サンセットスキー