May 26, 2024

金剛山 高天谷:ワンゲル部員と2024年シーズンの沢始め

2024年シーズンの沢始めは、昨年の沢始めと同様に、ホームの金剛山の高天谷を、ワンゲル部員2名と遡行してきた。からりとした良い天気だったが、水温はまだ低く、水に手を長くつけていると、痺れるぐらいであった。

【日程】2024年5月25日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷左俣
【メンバー】ワンゲル部主将、主務、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】高天彦神社駐車場9:27〜高天滝下9:38〜10m大滝下9:52~二俣11:20~郵便道(920m地点)12:55-13:12~高天彦神社駐車場13:57

先週の乗鞍岳で今シーズンのスキーを終えたところで、いよいよ沢始めである。ワンゲル部の主将と主務からも沢始めの希望があったので、昨年の沢始めと同様に一緒に行くことにした。ワンゲル部主務は昨年の沢始めのメンバーでもあった。行き先に選んだのは、昨年の沢始めと同じく、通い慣れたホームの金剛山の高天谷とした。体の方もまだ沢に慣れていないこともあり、これからの沢行のためのウォーミングアップとして、まったりと進むつもりである。

P5250001

9時過ぎに高天彦神社の駐車場に着いたが、ほぼ満車状態で、かろうじて空いていた1台分のスペースに駐めることができた。

P5250002

高天彦神社を参拝する観光客はいなかったので、駐車場に駐められていた車のほとんどは登山者のもののようだ。

P5250003

高天滝6mから入渓する。滝を落ちる水量がいつもより多い感じがした。

P5250004

高天滝は右にあるハシゴを使って高巻く。

P5250005

下り用のハシゴも設置されている。

P5250007

高天滝の上はゴルジュ状となり、小滝を超えていくと、すぐに3m滝と背後の堰堤が立ちはだかる。

P5250008

3m滝と背後の堰堤を、フィックスがある左から巻く。

P5250009

沢が開けた先に10mの大滝が現れる。

P5250010

10m滝は右から高巻く。

P5250014

しばらく進むと、沢は樹林の中に入って行く。ここから連瀑帯になる。

P5250016

倒木のある5m滝。

P5250017

直登する。まだ体が沢に慣れていないこともあり、体は重く、キレがない。

P5250020

ゴルジュ状になる。

P5250023

奥にはトイ状5m滝がかかる。

P5250024

水しぶきを浴びながら登る。からりとした良い天気だったが、水温はまだ低く、水に手を長くつけていると、痺れるぐらいであった。

P5250026

2m滝。

P5250028

あいかわらず、倒木で埋まった二俣に着く。

P5250030

左俣の3段30mほどの大滝に取り付く。念のためロープを出した。トップで登ったのはワンゲル部主将であった。

P5250033

2ピッチ目は主務がリードして、セカンドを確保した。

P5250035

4m滝を直登。

P5250037

最後の4m滝も直登する。この滝の上はスギ林の中の緩やかな流れとなる。

P5250038

スギの倒木はえたコケの胞子体。

P5250039

登山に詰め上がって遡行終了。沢装備を解除する。

P5250040

郵便道を下山して、高天滝の前に戻る。

まだ体が沢に慣れていないため、体は重く、キレはなかったが、無事沢シーズンを始めることができた。加齢による体力低下が気になるが、今シーズンも安全に沢登りを楽しみたい。

| | Comments (0)

«奥美濃(ワンゲル部山小屋周辺)にて山菜採り