September 18, 2017

5年越しの遡行達成:奥利根 東黒沢〜ナルミズ沢 その2

5年越しの遡行を達成したナルミズ沢2日目の記録です。概要については1日目の記録をご覧下さい。

***************************************
9月10日(大石沢出合〜ナルミズ沢左俣〜朝日岳〜笠ヶ岳〜白毛門〜白毛門登山口)

P9100123

充分に睡眠を取った翌日は5時に起床し、再び焚き火を熾して炊事。6時ちょっとには出発できた。

P9100125

大石沢出合の滝。続々と他パーティーも出発する。

P9100127

朝からヘツリあり。

P9100128

他パーティーと抜きつ抜かれつという感じで進む。

P9100129

釜のある3段滝。

P9100131

左から巻こうとして苦労するが、結局、右からの巻き道で容易に巻けた。

P9100244

魚止ノ滝10mの前で記念撮影。直登は渋滞気味だったので、右から巻いた。

P9100133

再びヘツリあり。

P9100134

正面は大烏帽子山。

P9100137

7m滝は左から登る。

P9100139

今日もいい天気で展望もよし。

P9100140

スタートしてから1時間15分ほどで、1410m二俣に到着。大多数のパーティーは右俣を進むが、我々はあえて情報の少ない左俣を進むことにする。

P9100266

左俣もナメがきれいです。

P9100145

左俣は右俣より急ですので、小滝が続きます。

P9100147

登攀要素のある滝も出てくる。

P9100275

クライマーのKさんによる確保もあり。

P9100148

滝を巻いたために、ロープで確保しての草付きの危ういトラバースもあり。

P9100149

直登できる滝はスイスイと!

P9100151

高度を上げていくと、水量も減ってくる。

P9100152

最後の詰めへ。

P9100153

まずはササを漕ぎ、この後はハイマツを漕ぐ。

P9100155

池が見えた! もう稜線だ! 思ったほど藪漕ぎはキツくはなかった。

P9100156

池の全貌です。オタマジャクシがいました。

P9100157

ハクサンコザクラがまだ咲いていました。

P9100159

池糖がいくつかあります。

P9100287

登山道に出て遡行終了。

P9100290

5年越しの遡行達成の2人です。握手!

P9100161

沢装備を解除し、縦走路を進むと朝日岳はすぐでした。

P9100163

ここからは長い縦走路を白毛門に向かいます。

P9100164

谷川岳周辺の避難小屋はドーム型なのが特徴。

P9100165

釈迦ヶ岳に到着。

P9100166

オニシオガマが咲いていました。

P9100167

白毛門に到着。最後のピークです。白毛門沢を上がってきた沢屋と登山者で混雑していました。

P9100168

白毛門からは急下降の登山道。膝にきます。

P9100169

長い下りももう少し。

P9100303

東黒沢に戻ってきました。

P9100171

4時間にわたる長い下山でした。湯テルメ谷川で汗を流し、金沢へ戻る。それから1人で大阪への帰路につきました。

5年も待たされただけあり、天気と仲間に恵まれた素晴らしい遡行となりました。ナルミズ沢は美しい癒やし系の沢でした。

Repuさんの記録もご覧下さい。

| | Comments (0)

«5年越しの遡行達成:奥利根 東黒沢〜ナルミズ沢 その1