June 15, 2019

高野山 弁天谷:令和最初の沢登り!

記録のアップが遅くなってしまいましたが、令和初そして今シーズン初となる沢登りは、高野山の弁天谷をワンダーフォーゲル部員達と遡行してきました。

【日程】2019年6月1日(土)
【山域】紀伊
【渓谷名】紀ノ川水系 不動谷川 弁天谷
【メンバー】マメゾウムシ、ワンゲル部員5名
【天候】晴れ
【コー スタイム】紀伊細川駅9:55~林道終点10:13-44~4段45m滝下11:41~4段45m滝上13:21~二俣14:00-14:10~車道14:48-58~弁天岳15:20-43~女人堂15:58~極楽橋駅16:30

この沢に行くのは3年ぶりで2度目である(2016年6月18日の記録)。公共交通機関で行けて、ほとんどの滝が直登できる割に、4段45mという立派な滝もあり、入門者の沢デビューもしくはシーズン最初の調整にふさわしい沢である。なお、弁天谷というのは正式な名称ではない。

Img_0538

最寄り駅は南海高野線の紀伊細川駅。集合時刻は9時47分と遅めだが、近場ならではのお手軽さゆえ。今回は1年生が1名参加で、沢はもちろん初めてだったが、他のメンバーは沢経験者であった。

P6010001

駅からは車道へ下り、沢に沿って左に500mほど進むと、右に橋が見えてくるのでそれを渡る。

P6010003

橋を渡って林道を進むと、行き止まりの広場に着く。ここが弁天谷の入渓点である。

P6010004

広場で身支度を調えて入渓。すぐにナメと小滝が始まる。

P6010005

周囲は植林である。

P6010007

ゴルジュの中の深い釜をもつ4m滝。

P6010008

沢の中央を進む。

P6010010

若者は流心を忠実にトレース。

P6010014

泳ぐ者もあり!

P6010016

そして滝を越える!

P6010021

途中まで沢に沿って作業道がついていたが、その道はここから左岸の尾根の方へ向かっていた。送電線でもあるのだろうか?

P6010024

次々に小滝を越えて!

P6010027

12m滝。

P6010028

左をへつってから直登。

P6010034

この沢のハイライトである4段45m滝が現れた。

P6010037

直登は容易であるが、念のためロープを出す。30mロープ1本のため、途中の立木ででピッチを切る。

P6010039

落口に出た。6人もいたので、この滝の通過に1時間40分もかかってしまった。ロープを2本持ってくるべきだった。

P6010041

トイ状の斜滝

P6010042

ナメ滝。

P6010045

滝がつづく!

P6010049

P6010055

赤岩のナメ。

P6010056

二俣に到着。ここは道が沢を横切っている。

P6010057

二俣は水量の多い右俣へ進むと、すぐに堰堤が現れた。この堰堤は左から越える。

P6010059

ナメがつづく。あちこちでタゴガエルが鳴いている。

P6010063

登るにつれて、上の車道から不法投棄されたと思われるタイヤなどのゴミが目立つようになる。

P6010064

2つめの堰堤が現れる。これは右から越えた。

P6010066

水量はチョロチョロ。

P6010067

車道が見えた!

P6010068

笹を掴みながら、右寄りに上がり、

P6010069

車道に出た!

P6010070

そのまま車道を横断して、水流のない沢へ再び入る。

P6010071

比較的早めに右上に見える尾根を目指すことにする。

P6010072

倒木はうるさかったが、それほど藪漕ぎに苦労せずに道に出た。そのまま登ると弁天岳に到着!

Img_0539

ハイカーがいる山頂で装備解除。

P6010073

女人堂経由にて極楽橋へ徒歩にて下山することに。途中に咲いていたギンリョウソウ。

P6010074

女人堂。隣に公衆トイレがある。

P6010075

こちらは奥之院方向。

P6010076

シャガが咲いていた。

P6010077

不動坂をトレランのように下って極楽橋に下山。

今シーズンの沢登りも始動しました!

| | Comments (0)

«乗鞍テレマーク天国 & キャンプに参加