September 21, 2018

ワンゲル部山小屋の裏山にある藪沢にて釣り遡行

9月15日〜17日の3連休は石徹白にあるワンダーフォーゲル部の山小屋に滞在し、現役学生の実技指導をし、最終日に倉谷カンバタ谷を遡行したことはすでに報告した通りです。

Img_3685

具体的に何をしていたかというと、初日は雨でしたが、学生には山小屋の近くでトレランと藪漕ぎをやってもらいました。どちらも小屋から直接出発できるのは、なかなか恵まれた環境です。

P9170076

山小屋の近くでタマゴタケ発見!

Img_3686

バターソテーになり、お酒のアテになったのでした。

2日目は、現役学生は石徹白の白山中居神社から藪漕ぎにて野伏ヶ岳山頂を目指す。私は若いOB2名と裏山にある藪沢へ釣りに出かけた。

P9160001

前日までの雨で沢はかなりの増水。

P9160002

沢幅一杯に流れが。

P9160003

深い釜をもつ1.5m滝も結構な迫力!

0023_xlarge

平水時はこんな感じです。ここは先月に釜にスマホを落とした所でもある。

P9160004

2段5m滝もなかなかの水量!

P9160007

シャワークライミングとなりました!

P9160008

肝心の釣果の方は、まあいつも通りな感じで。

P9160009

確実にテンカラ釣りの腕を上げるIくん。

Img_3687

沢で取ったミズをお浸しにして、お酒のアテに。

野伏ヶ岳パーティーは、藪が濃すぎて、ダイレクト尾根に取り付いたところで敗退してきました。もう少し粘ってほしかったな。とりあえずは経験をいろいろと積ませることが重要ですかな...

| | Comments (0)

«石徹白 倉谷 カンバタ谷遡行