January 18, 2019

ワンゲル部山小屋にて年末スキー合宿

公私忙しく、年末年始の記録をアップできないでいましたが、なんとか時間を見つけてアップしていきます。まずは奥美濃石徹白にあるワンゲル部山小屋での年末スキー合宿の記録から。

昨年に引き続き、今年の年末もワンダーフォーゲル部所有の山小屋にて合宿を行いました。しかし現役部員の参加は学部生3名、院生1名のわずか計4名。今シーズンは積雪少なく屋根の雪下ろしが必要ないため、スキーを行うメンバーのみとなってしまいました。他にOB2名と私で合計7名という寂しさ。ワンダーフォーゲル部ならば、スキーぐらいはできないとおかしいと思うのですが、まだまだ意識改革が必要と感じてしまいます。

Img_4003

年末は今シーズン最強の寒波が来るということで、大雪の覚悟はしていたのですが、入舎した12月29日は小雪が舞う程度でした。前日あたりに降ったと思われる新雪は積もっていました。

Img_4004

ゲレンデにはそこそこ人がいました。この日はみんなでフリー滑走。

**************************************

Img_4034

翌日の30日は最強寒波はどこに?という感じの天気。時々雪が舞うこともありましたが、陽も出て、気温が上がりました。この日は少々スキー指導。基本的にはフリー滑走ですが、アドバイスしながら。午前中はよかった雪も午後には重い雪となっていました。

次期ワンゲル部主将は昨シーズンにアルペン経験無しでテレマークデビューしました。ちょっと後頃気味ですが、滑走日数がさほど多くはないのにここまで滑ることができれば上々! 次は中級者面でスピードを制御して滑ることができるかですね。

**************************************

最終日の大晦日は私は1人で裏山の偵察に。他のメンバーはゲレンデにてスキー練習。

Yukimushi

林道上をセッケイカワゲラが歩いていました。

Pc310006

明らかに積雪は少なく、笹は埋まっていないし、藪が濃いです。それでもシールでは登れる。

Pc310007

とりあえず裏山の小ピークまでシールで登りました。この日もほとんど降雪無し。結局、年末の3日間で積雪は増えず、最強寒波は奥美濃までは来なかったようです。

こんな感じの藪スキーとなりました.まあ、滑れないことはないですが、トラップが多く、快適ではなかった。

Img_4039

合宿終了後は、みんなが帰路につくなか、私は1人で白馬への移動へ。毎年恒例ですが、車中での年越しとなりました。

| | Comments (0)

«謹賀新年 および 年末年始スキー遠征(速報)